効かない治らない

効いた人・治った人から教えてもらえるパーフェクト健康バイブル

妊活コラム

どうして?子供ができない理由はどこに?男性・女性別に妊娠できない原因まとめ‗その1

落ち込む前に!原因を知ることで解決へ 妊娠しない原因は男女で50%ずつくらいって知っていますか? 男性不妊の原因4つ 造精機能障害 精子輸送障害 精子妊孕性障害 性機能障害 落ち込む前に!原因を知ることで解決へ どんなに頑張っても子供ができないとなる…

「勉強しなきゃ」赤ちゃん待ちのための基礎体温&排卵日。必要性と仕組みを総まとめ①

そもそも基礎体温や排卵日って何? 基礎体温や排卵日はどんなタイミングで調べるようになるの? 基礎体温の正しい測り方 基礎体温計 詳しく見てみよう!ベビちゃん待ちしている妊活中の人は必ず!その理由3つ そもそも基礎体温や排卵日って何? 基礎体温や排…

とても大切!妊活中に行いたい医療保険の見直し・加入のポイントとは!

妊娠は病気じゃない? 妊娠・出産で考えられる主なリスク・トラブル 悪阻(つわり) 切迫流産・早産 妊娠合併症 帝王切開 妊娠をしていても、医療保険には加入できる? 特定部位の不担保って何? 妊娠中でも入れる保険はあるの? まとめ 妊娠は病気じゃない…

6年間授かれなかった私が2人目妊活で選ぶ葉酸サプリ

葉酸の選び方間違ってない? 葉酸だけ摂っていればOK? 葉酸サプリを飲んでるのに授かる人授からない人の差って? 私は元気。でも妊娠できないのはなぜ? 旦那さんも葉酸サプリ摂った方がいい? 私が2人目の身体づくりに選ぶ葉酸サプリ まとめ 赤ちゃんが…

葉酸とるのまだ間に合うカナ?葉酸って、ホントはいつ始めていつまでとるのが正解? 

「妊娠」と聞いて真っ先に思い浮かぶサプリメントは「葉酸」ですよね。 その関係性は、「山」といえば「川」、「妊娠」といえば「葉酸」と、まるで忍者の合言葉みたいにぴったりの組み合わせ。それほどまでに妊活中・妊娠中の女性にとって重要な栄養素が「葉…

不妊治療なんてやっても無駄!諦める前に知っておきたい私が妊娠したサプリと栄養対策

「医療の力に頼り過ぎてない?」 数年前の自分に言いたいです。不妊治療さえすれば授かれると信じて止まなかった7年前。どこにでもいるような普通の夫婦。不妊の原因は 不明でした。原因不明の不妊に悩まされた私自身の6年間の軌跡が、現在進行形で悩んでい…

「飲むだけ?噓でしょ」妊活ミトコンドリアサプリで卵子の老化を止められたワケ

サプリ飲んだくらいで妊娠するなら医者なんていらないわ!と全く信じていない(←と言うか疑いしかなかった)私が、なぜミトコンドリアサプリにいきついたのか?そして 6年間何度もチャレンジした体外受精も毎回陰性で終わっていた私が、なぜ7年目に妊娠で…

「最終月経っていつのこと?」出産予定日と計算が違う理由は?予定日を逆算して妊活する方法もご紹介します!

妊活をしている人や、婦人科に通っている人は「最終月経」という単語を見かける機会が多いのではないでしょうか?よく婦人科で聞かれる最終月経は、排卵日や出産予定日(分娩予定日)、さらには逆算していつ頃に妊娠すれば何月生まれになるのかまで計算がで…

『でき婚らしいわよ(ヒソヒソ)』いえ、授かり婚はベビが結んだ縁!おめでた婚・できちゃった結婚に自信を持って!①

できちゃった結婚に後ろめたい思いをしている人はいませんか? そもそもできちゃった結婚とは?定義は? 統計上ではできちゃった結婚はどのくらいいるの? 年齢でできちゃった結婚が多いのは? できちゃった結婚に後ろめたい思いをしている人はいませんか? …

「うそっ、半分は旦那側の問題?」知られていない男性不妊の原因と妊活対策

「男性不妊」という言葉を聞いたことがありますか?特に日本ではそうですが、不妊の原因は女性にあると思われがちです。でも実は、世界保健機関(WHO)の調査によって、不妊の原因の半数近くには男性不妊も関わっているというデータが出ているんですよ!「こ…

厚生労働省が推奨するモノグルタミン酸型葉酸ってなに?

葉酸の重要性 葉酸はどのくらい摂ればよいの? 葉酸の重要性 葉酸は、いくつかあるビタミンB群のひとつで、細胞が増えていく手助けをする役割があります。そのため、細胞がどんどん分裂することで成長をするお腹の赤ちゃんには必要不可欠な栄養素です。 そし…

ダウン症検査ってどんなことをするの?自己申告して受けるべき?

ダウン症検査をご存知の方は、たくさんいらっしゃると思います。年齢的なことがかなり深く関係してくることなので、自分や相手の年齢的にもダウン症診断を受けるべきかどうか悩む方もいらっしゃると思います。しかし年齢的にはもう代がなくても、ダウン症診…

『葉酸はいつから、いつまで?』卵の質のために大事な飲むタイミング

葉酸を摂ったほうがよい時期は? 妊娠可能な年齢の女性等に対する葉酸の摂取に係る適切な情報提供の推進 逆に、『いつまで飲めばいいの?』 葉酸を摂ったほうがよい時期は? 神経管閉鎖障害のリスクを減らすために葉酸の摂取が推奨されています。摂取するべ…

安産のご利益とかわいいお守りで有名な神社はどこ?お守りの手作り方法もご紹介!

子どもを無事授かったことが分かったら、母子ともに無事に出産ができるように、神社で安産祈願をしたい、と考える方も多いと思います。また、親しい家族や友人の安産を願ってお守りをプレゼントしたいと考える方も多いでしょう。 また、もし体調がすぐれなか…

先輩ママに聞いてみよう!妊娠検査薬を使って陽性反応っていつどんな風に出たの?①

妊娠を疑った時に先輩ママがとった方法 まず、妊娠をしているかもと疑った時にこれまで妊娠を経験したことのある先輩ママは、専門機関での検査か妊娠検査薬を使って調べています。妊娠をしているかもしれないことを放っておいて良いと思っている人はさすがに…

『えっ?風邪薬もダメ?』妊活・妊娠中のNG行動まとめ

子宮(体)を冷やす カフェイン 疲れ タバコ アルコール 薬(市販薬)を服用する 自転車 重いもの ストレス 妊娠超初期でのレントゲンによる被ばく 子宮(体)を冷やす つめたいものは、縮みます。冷えると、血行が悪くなります。妊娠中でもプールや海を楽し…

妊娠初期にサプリで摂った方が良い、不足しがちな栄養

妊娠初期に必要な栄養メモ 鉄分 カルシウム マグネシウム 亜鉛 葉酸 鉄分 ままは血が足りません。ベビと二人分ですから当然ですよね^^。ママは臍帯を通じて、赤ちゃんに栄養と酸素や血液を送り、そして赤ちゃんから不要な老廃物などを受け取ります。この運…

『えっカレーだめ?』『やばい、食べちゃった。。』妊活・妊娠中のNG食品リスト

赤ちゃんを授かったことが分かったら、真っ先に気を付けるべきことのひとつが「食べ物」です。おなかの中の赤ちゃんは、ママの身体の胎盤と臍帯(へその緒)という管のようなものでつながっています。赤ちゃんにとって臍帯は、ママが食事を摂ることによって…

知らなかったじゃ済まされない添加物大国で安全に赤ちゃんを産み育てる方法10選

********************* この記事の筆者:Like a tommy girl 30代後半女性 香川県 戦隊モノに例えるとレッド 長年の妊活、不妊経験を経て、ついにさずかりました。 いまは産後のママです。 自身の成功体験から、授かるための秘訣をお伝えします。 睡眠不足な…

『AMAZON?楽天?ドラッグストア?』コンビニで買える葉酸サプリのリスクと添加物

【ご挨拶】 コスパで葉酸サプリを選んだひとの末路 例えば、錠剤に詰める野菜。どこから仕入れますか? 例えば、カルシウム。 例えば、添加物。 『食品の原材料を安くする』という事の意味 【ご挨拶】 みなさま初めまして、妊活ライターのねこけと申します。…

妊娠に関わること、赤ちゃんに関わることは「たまひよ」にお任せ!①

「たまひよ」って何のための雑誌なの? 「たまひよ」によく出てくる言葉「プレママ」って何? マタママは?初タマは? 困った時には「たまひよ」のお世話になりましょう 過去の「たまひよ」の特集が気になる人は? 「たまひよ」って何のための雑誌なの? 「た…

「予定日過ぎても生理がこない…」検査方法は?いつから?陽性?陰性?

生理予定日を過ぎたのに生理がこないとなると、妊娠の可能性が考えられます。 しかし、いざ妊娠しているかどうかを判断するため検査をしようと思っても、まずはどうすればいいのか混乱してしまう人もいるのではないでしょうか? 今回は生理がこない場合に検…

『年齢が上がると下がりますか?』【 妊娠率 】について、正しい知識を持ちましょう

赤ちゃんを授かりたい!年齢別の妊娠率について 20代の妊娠率 30代の妊娠率 40代の妊娠率 注:1)( )内の年齢は平成21年時点の年齢である。2)国勢調査(総務省統計局)から作成。 妊娠1周期での年齢別妊娠率 まずは知っておくべき!1周期での自然妊娠率 20代…

知っておきたい!妊婦さんに必要な栄養と妊娠中に食べてはいけない栄養とは!

赤ちゃんを授かったことが分かったら、真っ先に気を付けるべきことのひとつが「食べ物」です。おなかの中の赤ちゃんは、ママの身体の胎盤と臍帯(へその緒)という管のようなものでつながっています。赤ちゃんにとって臍帯は、ママが食事を摂ることによって…

「誰にも聞けない」子作りのこと!子作りの方法や気になることを徹底解説!①

今現在でも夫婦でいる、これから未来を見据えているカップルなどは「子作り」に興味を持ち、そして取り組んでいる人もいます。 しかし、この「子作り」について声高に話をされることはあまりありませんね。 何となくタブーだと思って、同性同士ですら話題か…

「やっぱり自業自得なの?」高齢不妊の原因とストレスケアについて

日本では年々晩婚化が進んでいることで、高齢不妊に悩む夫婦も増加してきています。 男性は高齢になっても子供を作れる可能性がありますが、残念ながら女性は年齢を重ねるごとに妊娠機能が衰えて、閉経後は妊娠することもできなくなってしまいます…。 35歳ま…

「待ちきれない!」妊娠検査薬は生理予定日7日前からフライングOK①

女性にとって妊娠は良い意味でもそうでなくても一大事です。心待ちしている人もいれば、「今は妊娠する時期ではない」と避妊をして妊娠を避けている人もいます。どんな女性であっても、妊娠する可能性はあるわけですから、生理が遅れていることに気付いたり…

知っておくと安心!高齢妊娠の可能性やリスクについて

高齢妊娠と仕事の兼ね合い 高齢妊娠でのダウン症の確率(厚労省データ参照) 話題になっている高齢妊娠のマンガ 高齢妊娠の時に気になってしまう出血 高齢妊娠でつわりがない場合 高齢妊娠のリスク 高齢妊娠に挑む40代女性のブログ 高齢妊娠に成功した芸能人…

「どうしても諦めたくない」二人目ができない不妊原因と卵の鍛え方

2017/07/21更新: 妊娠率・確率の問題じゃない!1年経ったら男性不妊を疑おう(理解を得るのは大変だけど、、、)他 結婚時に子どもは2人、3人以上欲しい、と話し合っているご夫婦も多いと思います。二人目は一人目との学年の差は、〇年くらいにしたい、〇…

当ブログ妊活情報部門はオムニバス形式で、妊活中の女性や、リアルタイムでつわりを体験している妊婦さん、出産を経た先輩ママたちが、執筆しています。実体験に基づく貴重なエピソードや、妊活の成功体験から、授かりの秘訣やノウハウを提供致します。
また、アンケート等の回答結果はすべて個人の感想です。経験者一人ひとりの体験に基づく、十人十色の内容が投稿されています。予めご了承ください。

当ブログ外耳炎情報部門は、ステロイドで一時的に治ってると思い込んでいる人、再発してる人、の『役に立たない方の情報』ではなく、長期に亘って、慢性的な耳のかゆみが再発していない当事者本人の最新の人体実験結果を掲載しています。あたりさわりのない情報は書きません。一生かゆみの奴隷になるのが嫌な人、あの地獄の苦しみから自由になりたい人だけ読んでください。



copyright@あんしん認証合同会社  運営者情報