効かない治らない

効いた人・治った人から教えてもらえるパーフェクト健康バイブル

葉酸サプリの選び方を知ることが満足のポイント!たくさんあるからこそ迷っちゃう!②

 

ベビちゃんに関わる時期には特にビタミンB群が必要

葉酸サプリを手にする女性のほとんどは妊活中や妊娠中の女性であると冒頭でもご紹介しました。

この時期の女性とベビちゃんにはビタミンB群が必ず必要です。

葉酸が実はビタミンB群の仲間です。

それでは葉酸だけを摂取していればいいじゃないのか?と思われますが、そこにはビタミンB12も必要なのです。

ビタミンB12と葉酸を一緒に摂取することで吸収を強め、私たちが葉酸サプリに求めている、先天性奇形を減少させたり、ベビちゃんの細胞分裂を助けたり、貧血の改善や予防に効果を発揮させています。

参考文献:葉酸サプリおすすめLAB|ビタミンB12と葉酸について

また、葉酸を摂りながら、ビタミンをサプリで摂取するよう試みる方がいますが、ベビちゃんにとってそのサプリを摂取しても良いものかどうかを確かめる必要もありますよね。

葉酸サプリはベビちゃんがいても安心して摂取出来るように配慮された形で基本的には生成されています。

ぜひ葉酸サプリから葉酸もビタミンB12も摂れるものを選んでください。

葉酸は天然のもの?それとも化学合成?

葉酸サプリを選ぶ際に皆さんがまず迷われるのは天然の葉酸を使ったサプリか、それとも化学合成のものを選べばいいのか?ということです。

答えは厚生労働省も推奨している化学合成の葉酸ですよ。

響きとしては摂取を控えたくなってしまう化学合成という言葉ですね。

しかし、安心をして葉酸サプリを選ぶ時には天然のものではなく化学合成のものを選んでください。

ほとんどの葉酸サプリは化学合成で作られています。

化学合成によってモノグルタミン酸の葉酸が作られています。

この葉酸は、食物から取れる天然の葉酸と比べても体内への吸収スピードや吸収率を高めています

決して体に悪いものではありませんよ。

しかし、一つだけ注意が必要です。

このモノグルタミン酸のもとは天然の葉酸です。

天然の葉酸を使い、より吸収を高めるために科学の力を利用しているのです。

しかし、中には石油を使ったちょっと危険な葉酸サプリを作っている会社があるそうです。

石油は口にするべきではありませんよね。

石油から作られた葉酸サプリはとっても安価に提供されていますから、安いからといって安易な気持ちで飛びつかないように、選び方には慎重になりましょう。

美容成分

葉酸サプリには女性には嬉しい美容成分をたっぷりと配合してくれているものもあります。

最近、特に増えてきた印象です。

妊活中はまだ良いとしても、妊娠中や授乳中にはお肌トラブルを抱えるママさんがとっても多いのです。

若いママだって、いつも美容に気にかけているママも、肌荒れやブツブツが出来てしまって心が落ち込んでしまいます。

しかし、葉酸のサプリを摂取することによって、普段から美容成分を取れ、体の中から綺麗にすることができますよね。

ベビちゃんが出来るとママさんの血や肉はベビちゃんに流れてしまいます。

必要な栄養素もベビちゃんへと送られます。

しかし、普段以上に食べてしまったりすることは避けなければ体に負担がかかり大きな問題となってしまいますよね。

それではやはり、中からの改善と予防が出来る葉酸サプリを選びましょう。

・コラーゲン
・ヒアルロン酸
・プラセンタ
・ツバメの巣
・黒酢もろみ
・珊瑚カルシウム
・ビタミン・ミネラル
・乳酸菌
・ライチ種子

これらがよく葉酸サプリに美容成分として配合されているものですよ。

あなたが悩んでいる美容に関することや必要なものは何かを見比べながら葉酸サプリを選んでいきましょう。

妊娠や出産を経験しても綺麗なママでいたい!そんなあなたの思いを叶えることができますよ。

 

鉄分

葉酸サプリの多くに配合されているのは鉄分で、女性にとっても有り難く必ず入っているものを選びたいですね。

どの年代であっても、どのような状況であっても女性に鉄分は必要不可欠なものではありませんか?

葉酸サプリを摂取する妊活中、妊娠中の女性は特に必要です。

もともと貧血の症状のない女性でもお腹の中でベビちゃんを育てていると、ママの血液はベビちゃんに流れることで成長させられますので、体内の血液の濃度が薄くなってしまいます

これが貧血の状態ですね。

また、授乳中のママも貧血に悩みやすい状況です。

母乳は血液から作られますから、鉄分の補給には気を配りたいですよね。

葉酸サプリによって鉄分の配合量に差があります。

女性は食事から毎日鉄分を7mgほどは摂れていると言われています。

足りない分は葉酸サプリから補いましょう。

妊娠初期には9mgほど、中期から後半では21mgほど、授乳期には13mgほどが推奨されている鉄分量となっていますよ。

参考文献:「日本人の食事摂取基準(2015年版)」(厚生労働省)

 

 

続きはこちら^^↓↓

www.childtrendsdatabank.org

 

当ブログ妊活情報部門はオムニバス形式で、妊活中の女性や、リアルタイムでつわりを体験している妊婦さん、出産を経た先輩ママたちが、執筆しています。実体験に基づく貴重なエピソードや、妊活の成功体験から、授かりの秘訣やノウハウを提供致します。
また、アンケート等の回答結果はすべて個人の感想です。経験者一人ひとりの体験に基づく、十人十色の内容が投稿されています。予めご了承ください。

当ブログ外耳炎情報部門は、ステロイドで一時的に治ってると思い込んでいる人、再発してる人、の『役に立たない方の情報』ではなく、長期に亘って、慢性的な耳のかゆみが再発していない当事者本人の最新の人体実験結果を掲載しています。あたりさわりのない情報は書きません。一生かゆみの奴隷になるのが嫌な人、あの地獄の苦しみから自由になりたい人だけ読んでください。



copyright@あんしん認証合同会社  運営者情報