効かない治らない

効いた人・治った人から教えてもらえるパーフェクト健康バイブル

【非ステロイド系塗り薬】耳のかゆみが治らない! 外耳炎が止まらない!~その2~

は~い皆さん。元気に綿棒ぐりぐりしてますか?!

地獄の慢性外耳炎15年を完治させたDollと申します。

**********************

この記事を書いた人

Doll f:id:childtrendsdatabank:20171022215412g:plain

これまでに治した慢性症状:慢性外耳炎・水虫・慢性ぜんそく・アトピー・慢性下痢・慢性鼻炎

**********************



私は毎日綿棒要らずで、快適で幸せな日々を過ごしています。



痛みとかゆみから解放されるって素晴らしい!きゃはっ。



という訳で



 



【非ステロイド系塗り薬】



です。



非ステロイド系といえば、フェミニーナっしょ^^。

リドカイン 2.0g (局所麻酔成分)かゆみを素早く鎮めます
ジフェンヒドラミン塩酸塩 2.0g (抗ヒスタミン成分)かゆみの発生を抑えます
イソプロピルメチルフェノール 0.1g (殺菌成分)雑菌の発生を抑えます  ※善玉菌殺すなよ
トコフェロール酢酸エステル 0.3g (ビタミンE)血行を促進して肌の新陳代謝を高めます  ※皮膚の新陳代謝は睡眠あるのみだよ

とあって、アプローチが明確だよね。殺菌成分と、トコフェロールは上記の通りどうでもよくて、



要は、



 



麻酔



 



だよね。麻痺させてる間、かゆみを感じ無くしようぜ!って話。



そうなるともう、フェミニーナに限らず、何だっていいわけさ。



ムヒだろうが、キンカンだろうが、とにかく耳の中にぶっこんで局所麻酔だぜ!



ってなもんです。



ただ、免疫抑制(効果が表面的なものではなくなる)からアプローチするステロイドと比べて、効き目はうすいです。



そして、でます!薬剤耐性と、反跳作用が。



麻酔が切れた後は、使う前よりもっとかゆくなります。耳が。いや、ついでに喉の奥もかゆくなります。



試しました。そりゃ、ためしますよ。やれることは全部試します。



理論じゃねぇ。とにかく人体実験あるのみだ。



それが私の信条です。



さて、耳の中に、綿棒でムヒ軟膏をぶっこみまくって何が起きたかというと、



まず、



超気持ちよかったです



スースーして、そのメントールの刺激が、あああああああああああああああああああああああああああああああああああああたっまっらっなっいっ!!!!



きゃひぃぃぃぃぃ



となります。



しかしですね。



塗り終わって数時間。あれ?あれあれ?



なんか。ん?



 



喉がかゆい



 



うあああああああああああああああああメントールで刺激されちゃいけないところが刺激されて



外耳と鼓膜の手前の中耳までで収まっていたかゆみが、喉の方にまで拡がってる!!!!!



うあああああああああああああああああああああああああ



かいいいいいいいいいいいいいいい



でも喉なんてくすりぬれねぇええええええええええええええええええええええええええええ



ああああああああああああああああああああ



どうすれびいんだ(パニック



かいいい



かいいい



かいいい



となります。



はい、耳と喉は繋がっています。耳鼻科医が説教のように必ずいうことですね。



塗っちゃいけないところにムヒを塗って、後悔後の祭り(誤



 



という訳で、非ステロイド系の市販の塗り薬、処方される抗ヒスタミン薬、



綿棒で耳の中にぐりぐり塗り込んではなりませぬ。



麻酔効果が切れた後に悪化、かゆみの範囲が拡大します。



これ、どんな外用薬にも言えることですね。



作用と反作用



です。効き目があった後は、その効き目と同等のリバウンド(反跳作用)が患部に働く。当たり前のことです。



 



んじゃぁ、この非ステロイド系の塗り薬、どうやって、完治までの道具として使うのかって?



はい、長くなったのでそれはまた次回。



お次は、



【非ステロイド系塗り薬 ~メリット編~】



です。お楽しみに↓ その3につづく。

www.childtrendsdatabank.org



現在、外耳炎ループ&慢性的な耳のかゆみを私が完治させた方法の有料電子書籍化を進めておりますが、『悩んでいるんだから、もったいぶらずに教えて欲しい』というご要望を多数頂いております。そこで、他の一般的なアトピー克服法の電子書籍と同様の12800円で販売予定の内容を、メールを頂いた方にだけ、お試しで9800円でメールでお伝え致します。御自身が今後払い続ける耳鼻科の治療費と、比較して頂ければ幸いです^^;。

個人差はあると思いますが、私が現在、キレイさっぱりかゆみを克服したのは事実です。久しく耳鼻科にも行ってませんし、リンデロンもアロマオイルも、もう家にありません。医療従事者の方、民間療法を研究されている方も大歓迎。
info(アットマーク)childtrendsdatabank.org
か下記のフォームまで、ご連絡お待ちしておりますm(_ _ )m
※ケータイ/スマホのメールアドレスでパソコンメール拒否設定をしている方と連絡が途絶えてしまうケースが頻発しております。なるべくPC用のメールアドレスをお伝え頂くか、設定を解除の上、送信ください。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

外耳炎対策についてのお問い合わせ

当ブログ妊活情報部門はオムニバス形式で、妊活中の女性や、リアルタイムでつわりを体験している妊婦さん、出産を経た先輩ママたちが、執筆しています。実体験に基づく貴重なエピソードや、妊活の成功体験から、授かりの秘訣やノウハウを提供致します。
また、アンケート等の回答結果はすべて個人の感想です。経験者一人ひとりの体験に基づく、十人十色の内容が投稿されています。予めご了承ください。

当ブログ外耳炎情報部門は、ステロイドで一時的に治ってると思い込んでいる人、再発してる人、の『役に立たない方の情報』ではなく、長期に亘って、慢性的な耳のかゆみが再発していない当事者本人の最新の人体実験結果を掲載しています。あたりさわりのない情報は書きません。一生かゆみの奴隷になるのが嫌な人、あの地獄の苦しみから自由になりたい人だけ読んでください。



copyright@あんしん認証合同会社  運営者情報





簡単安心!ビットコイン取引所 coincheck