効かない治らない

効いた人・治った人から教えてもらえるパーフェクト健康バイブル

【内服薬】耳のかゆみが治らない! 外耳炎が止まらない!~その5~

地獄の慢性外耳炎15年を完治させたDollと申します。

**********************

この記事を書いた人

Doll f:id:childtrendsdatabank:20171022215412g:plain

これまでに治した慢性症状:慢性外耳炎・水虫・慢性ぜんそく・アトピー・慢性下痢・慢性鼻炎

**********************

まだ社会問題にはなっていませんが、カナル型イヤホン、密閉式のヘッドホン、受験対策や、現場の騒音防止のぷにぷにイヤーウィスパー等々、



慢性的な耳のかゆみ、及び外耳炎のループ



の予備軍は、確実に増加し、耳鼻科医による『とりあえずのリンデロン処方』が、ぬくぬくと



『 快 感 外 耳 肌 』



を育てていると感じます。(BOSEさんすみません。御社の商品をディスるつもりは一切なく、音質的にはYAMAHA等々の国産メーカーより厚みがあって大好きです。)



ちなみに、私の場合は、バイク便時代に、騒音対策で、『オイルと屋外の汚れにまみれたオレンジのぷにぷに耳栓』を続けて、生れて初めて外耳炎の地獄の痛みを味わったのは1990年代後半の話です。さて、



 



耳栓とイヤホン辞めて、快方に向かうんだったらこんなに楽なことはありません。



 



耳鼻科医業界でも明確な根本対策が見つかっていないまま、10数年、あるいは一生、『 快 感 外 耳 肌 』のループが慢性化するから、問題なのです。



そして、耳がかゆい & 外耳炎のループを解決できる対策、根本的な治療法について、



ぜんそくやアトピーの対策に比べて、圧倒的に情報がないのが現状です。



それだけに、『治った!』『克服した!』というサバイバーの声も聞くことができませんし、いや、その前に聴力を失って 聴 く こ と が で き な く な っ て る方もいらっしゃいます。



私の肉親と、親族にも、聴力を失った方が複数名います。両耳の方は手話を使ってますし、片耳の私の奥さんは、友達との会話で『えっ』って聴き直すことが多くなり、不便がつきません。



二人は、外耳炎ループの犠牲者ではありませんが、耳が聞こえなくなる、という事は、傍にいる身としても、気を使わせないようにする、気を使わないようにするという意味でも、重い出来事です。



いずれにしても、慢性的な耳のかゆみ & 外耳炎のループの行き付く先は、



脳に近い地獄のような痛みにとどまらず、



 



キーーーーーーーーーーーーーンという耳鳴りと、ゴールとしての 失 聴



 



です。



私も、耳鳴りと、数日間の失聴までは行きました。



しかし、今はループから解放され、生還して、こうして皆さんにメッセージを送り続けています



 



というわけで、



 



リンデロン(強ステロイド)



非ステロイド系塗り薬



マキロン&ティーツリーツリーオイル



 



ときて、



今日は、耳がかゆい&外耳炎ループの対策としての内服薬についてのレポートです。



なお、筆者は、急場しのぎの道具として、ステロイドの必要性を認めています。 ステロイド批判は荒れますし、誤解の原因にもなります。私が15年の慢性化を克服した方法なら、リンデロンも、ラミシールも、自然と要らなくなります。



食餌療法についても言及はしますが、卵・カレー・激辛ラーメン等の、



食べる前に、見ただけで外耳がきゅきゅきゅっと反応する食品』を制限するだけでは、根本的な解決になりません。



はっきり申し上げます。



 



(私の場合ですが)内服薬も、根治の助けにはなりませんでした。



 



耳鼻咽喉科の先生、かゆみやアレルギー反応を見たら、すぐにキプレス、処方しますよね。



そりゃぁそうだ。薬価高いし。



患者からしたら、わらにもすがる思いだけど、そこに付け込んで(最低だ)、あんな



ジェネリックも無い、生活を圧迫されるレベルの高額内服薬



を処方され続けたら、



余計にQOLが下がってしまいます。



なので、私はキプレスを処方する耳鼻咽喉科医を絶対に信用しません。



 



【耳がかゆい時の抗真菌内服薬】



その他、抗真菌剤を内服するのも、どうかと思います。



局所で、外耳がかゆいのですから、外耳にラミシールAT塗ればそれでいいんじゃないでしょうか。。。



全身のカビを殺して、抗カビ耐性が全身に付くとどうなるんでしょうかねぇ。。。



常在菌がカビと闘えなくなるのでは?。。。



 



なんにせよ、プラスの発想で、



 



○○を飲むだけで、△△を食べるだけで、症状がコントロールできる



 



というのは、効果的なアプローチだとは言えません。



それにも拘らず、病人、ないしは体重の制御が効かない人たちの、悩みに付け込んで、



ダイエットビジネスや、アトピービジネスが存在します。



買った人に、何の成果ももたらさない、憎むべき商法です。



よく考えてみてください。



 



カスピ海ヨーグルト食っただけで、ぜんそく治る?



食べるだけで痩せる?



 



いやぁ、治らないでしょ。



そういう、『何かを追加する』発想を捨てるべきです。



 



自分が食べられないものを、マイナスしていく



そして、食べられるものだけで、QOLを最大限上げていく



 



そのマイナスの発想が、アレルギーと闘う先進の現場では、常識とされているアプローチです。



これについては、私が慢性的な耳のかゆみを克服したメソッドとは別に、後述致します。



耳のかゆみループを克服した後の、予後の維持に必要ですから。



いやただまぁ、念力や気功に走るソフトカイロプラクティックも、奇跡の水も、奇跡のステロイドも、画期的な抗ヒスタミン新薬キプレスも、否定しません。(もう新薬、ってほどでもないかw)



がばがば飲んで、安心するならすれでいいんじゃないでしょうか?



私は全部ためしたけど、慢性的に耳がかゆいのは、治らなかった、それは一つの事実です。



お金も使ったよぉぉ。。。。ぅぅぅ。。。。え~え~すいませんねぇ。



だって、病気でビジネスやってる人たち、、、巧妙につけこんでくるんだもん。。。。



そりゃね、高いお金払って試してみて、



ああ、効かなかった



ダメだった。



って時は、



ちっきしょーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



って思いますよ。絶望ですよ。



そんな悔しい思いをするのは、私だけで十分です。



だから、このレポートを書いています。



 



そもそも、



耳だけかゆいのに、体全体を抗ヒスタミンして体に薬剤耐性作ってどうすんのよ



って思いませんか?



だったら、局所で抗ヒスタミン系の外用薬塗った方が、体への負担を考えたらまだマシでしょう。



抗ヒスタミン剤の、反跳作用(リバウンド)だって、作用・反作用の法則で、必ずやってくるんです。



抗ヒスタミンしたら、飲む前よりもヒスタミンに敏感になる



↑何か間違ったこと言ってますか?



常用したら、耐性がつく。



違いますか?



いえ、キプレスに薬剤耐性の報告はありません、と言い切りますか?



あ、いや、やめときましょう、現代医療批判は。



もう、治ったから、どっちでもいいや。



現代医療万歳。高度ですね。いっぱい勉強して論理的ですね。凄いですね。名医ですね。



私は高度現代医療で、ぜんそくも慢性外耳炎も治らなかったけど、きっと個人差があるのでしょうね。



体質によって、効果に差があるのでしょうね。



以降、ステロイド批判と、現代医療批判は禁止とします。



だってさ、もう、耳のかゆみと、外耳炎地獄から解放されたから、



 



どっちだっていいもん。



私は、



『あんた強情だねぇ。そんな偏屈だから治らないんだよ』



と、名医気取りのべらんめぇ系耳鼻科医に言われたことがありますが、



『いえいえ、あなたが処方したステロイドと内服薬は、今もタンスに眠っています。そして、内服薬を飲み続けていた時は一切治らなかった耳のかゆみから、



今は一切解放されています。どうも、私があの時の偏屈さんです』



とウーマンラッシュアワー村上風に文句を言ってやりたいですが、



それももう、過去の事です。



 



私にもう、慢性的な耳のかゆみはありません。



外耳炎も起きません。



再発もしていません。



 



それだけで、幸せだし、自由だから。



何より、批判ばっかりなんて、みじめッたらしいし、人生後ろ向き一直線のクレーマーみたいでしょ?



そういうの、やめたっと^^;



内服薬、飲んでも飲まなくても関係ないっす。それだけっす。



 



15年、終わりが見えない外耳炎地獄を味わった私が、



どうやって、耳のかゆみから解放されたか、



これからもレポートし続けます。



 



同じ気持ちを持つ皆さん、応援コメントお待ちしております。



耳のかゆみに、人生ぶち壊されてたまるか!



その気持ち、かゆい程わかります。一緒に自由になりましょう。



現在、外耳炎ループ&慢性的な耳のかゆみを私が完治させた方法の有料電子書籍化を進めておりますが、『悩んでいるんだから、もったいぶらずに教えて欲しい』というご要望を多数頂いております。そこで、他の一般的なアトピー克服法の電子書籍と同様の12800円で販売予定の内容を、メールを頂いた方にだけ、お試しで9800円でメールでお伝え致します。御自身が今後払い続ける耳鼻科の治療費と、比較して頂ければ幸いです^^;。

個人差はあると思いますが、私が現在、キレイさっぱりかゆみを克服したのは事実です。久しく耳鼻科にも行ってませんし、リンデロンもアロマオイルも、もう家にありません。医療従事者の方、民間療法を研究されている方も大歓迎。
info(アットマーク)childtrendsdatabank.org
か下記のフォームまで、ご連絡お待ちしておりますm(_ _ )m
※ケータイ/スマホのメールアドレスでパソコンメール拒否設定をしている方と連絡が途絶えてしまうケースが頻発しております。なるべくPC用のメールアドレスをお伝え頂くか、設定を解除の上、送信ください。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

外耳炎対策についてのお問い合わせ

当ブログ妊活情報部門はオムニバス形式で、妊活中の女性や、リアルタイムでつわりを体験している妊婦さん、出産を経た先輩ママたちが、執筆しています。実体験に基づく貴重なエピソードや、妊活の成功体験から、授かりの秘訣やノウハウを提供致します。
また、アンケート等の回答結果はすべて個人の感想です。経験者一人ひとりの体験に基づく、十人十色の内容が投稿されています。予めご了承ください。

当ブログ外耳炎情報部門は、ステロイドで一時的に治ってると思い込んでいる人、再発してる人、の『役に立たない方の情報』ではなく、長期に亘って、慢性的な耳のかゆみが再発していない当事者本人の最新の人体実験結果を掲載しています。あたりさわりのない情報は書きません。一生かゆみの奴隷になるのが嫌な人、あの地獄の苦しみから自由になりたい人だけ読んでください。



copyright@あんしん認証合同会社  運営者情報





簡単安心!ビットコイン取引所 coincheck