妊活バイブル

IQ58(療育手帳B2)の非定型児を持つ親が後悔と共に発信する、妊娠中の栄養状態に関する警告レポート

葉酸とるのまだ間に合うカナ?葉酸って、ホントはいつ始めていつまでとるのが正解? 

f:id:childtrendsdatabank:20170920103404j:plain

 

「妊娠」と聞いて真っ先に思い浮かぶサプリメントは「葉酸」ですよね。

 

その関係性は、「山」といえば「川」、「妊娠」といえば「葉酸」と、まるで忍者の合言葉みたいにぴったりの組み合わせ。それほどまでに妊活中・妊娠中の女性にとって重要な栄養素が「葉酸」です。

 

確かに、妊娠したママのカラダにはママと赤ちゃん二人分の栄養が必要。しっかりと栄養補給しないといけないのは何となく理解できますよね。

 

にしても、妊娠前にも葉酸は必要だとか、とにもかくにも葉酸だけは取っておくべきだとか、「葉酸は別格」と言わんばかりに雑誌などで猛アピールされていますので、「葉酸とらなきゃ!」という気持ちになりますよね。

 

そして同時に、そこまで妊娠に葉酸が必要だとされる理由を知りたくもなります。

 

そこで今回は、この葉酸の正体、葉酸摂取の理想的なタイミングとその理由・葉酸の働き・妊娠中に必要な葉酸の量・葉酸のとり方・男性にとっての葉酸の役割などについてご紹介します。

 

葉酸はいつからとるのが正解?

妊活を行うならば、遅くとも妊活1か月前には葉酸の摂取を始めます。つまり、葉酸の摂取は妊娠が分かってからではなく、妊娠前から始めるのが理想的なタイミングです。

 

あるいは、自然な流れでの妊娠を希望しているならば、その可能性がある間は葉酸の摂取を継続します。

 

妊活を行う場合も、自然な流れでの妊娠を希望している場合も、「葉酸摂取のベストタイミングは妊娠前から」と覚えておきましょう。

 

 

葉酸は妊娠にどんな効果を与えてくれるの?

 

葉酸は別名「赤ちゃんのビタミン」と呼ばれる程、赤ちゃんの成長にとって重要な栄養素で、お腹の中で赤ちゃんが成長する事を助けてくれる効果をもっています。

 

赤ちゃんは、最初はパパの精子とママの卵子が結びついた、たった一つのタマゴ、つまり受精卵です。それが24時間以内に2つに分裂し、その後どんどん成長し、徐々に私たちが知っている「赤ちゃん」の姿へと成長して行きます。

 

この、タマゴから赤ちゃんに成長するために、繰り返し行われるのが細胞分裂なのですが、その細胞分裂を効果的に行えるよう全力でサポートするのが葉酸の役割です。

 

これが、葉酸が赤ちゃんの成長に必要不可欠な栄養素であり「赤ちゃんのビタミン」と呼ばれる理由です。

 

葉酸を摂取するのは、妊娠が分かってからではダメなの?妊娠前や妊活中に葉酸が必要なのはどうして?

 

ママが妊娠に気づきにくい、妊娠超初期から初期の間にも、赤ちゃんはどんどん成長しているからなのです。

 

妊娠が分かるのが、早くて妊娠2か月。妊娠3か月あたりで妊娠を知るのも珍しくありません。

 

妊娠は妊娠超初期の0月0日から始まっていて、その頃にはまだほとんどの妊婦さんは妊娠に気づきませんが、ママの体内で赤ちゃんはどんどん成長を遂げていて、妊娠初期の3か月頃ともなると、赤ちゃんが生きていくうえで最も重要な役割を担う「脳」や「脊髄」といった器官は既に作られています。

 

繰り返し行われる細胞分裂により、その器官が作られ、その細胞分裂をサポートするのが葉酸の役割。

 

もしもこの時期に葉酸が不足すると、細胞分裂に問題が生じ、大切な赤ちゃんの「脳」や「脊髄」がキチンと作られない可能性が出てくるのです。

 

葉酸は赤ちゃんのカラダを作る、つまり細胞分裂を行うために必要不可欠な栄養素。妊娠前に、赤ちゃんを育てるカラダを作っておくためにも、妊娠前・妊活中の葉酸摂取が最も理想的なタイミングなのです。

 

初めて聞いた妊娠超初期!?なんで妊娠に気づきにくいの?

このタイミングの女性のカラダは生理の真っただ中。なので、妊娠を自覚出来ないのが普通なのです。しかも、妊娠をカウントする時期としては早すぎるため、知られていないのは当たり前の事なのです。

 

妊娠超初期の0月0日から始まった妊娠は、妊娠1日目を生理の2日目とカウントし、7日目で妊娠1週目となります。

 

妊娠は4週を1ヶ月とカウントしますので、次の生理が1週間遅れたかな?といったタイミングが妊娠5週目、つまりこのタイミングには、既に妊娠2か月目に入っているという事になります。

 

一般的に女性が妊娠に気づくのは、この妊娠初期の2か月目あたりからだとされていますので、妊娠超初期に妊娠に気づかないのも仕方のないハナシなのです。

 

妊娠超初期から初期の間に、妊婦の体内で葉酸が不足すると赤ちゃんはどうなるの?

この、妊娠超初期から初期にかけて、お腹の中では、赤ちゃんの「脳」と「脊髄」が作られるタイミングにあたります。

 

その時に、妊婦であるママの体内で葉酸が不足してしまった場合、赤ちゃんのカラダの成長、つまり細胞分裂が正常に行われなくなります。そうなると、お腹の赤ちゃんに先天性異常が生じる可能性が高くなるのです。

 

その時の流れをご紹介すると、

 

妊婦の体内で葉酸が足りなくなると、お腹の赤ちゃんに十分な量の葉酸が届かなくなります。

充分な量の葉酸が届かないとなると、赤ちゃんの体内で本来行われるべき細胞分裂がうまくいかなくなります。

細胞分裂がうまくいかないとなると、カラダを作るために必要な細胞が不足するという事につながります。

私たちのカラダは細胞の集合体。ですが、細胞じたいが正常ではない、あるいは必要な数の細胞がないとなると、本来出来るべき正常な形でカラダを作る事ができなくなるという事になってしまうのです。

 

それが赤ちゃんのカラダに先天性異常という形となって表れる事があるのです。この先天性異常が起こる原因は、葉酸の不足だけではありませんが、葉酸不足が原因の一つとなっている事は明確な事実。

 

ですので、妊婦の間は葉酸不足に陥らないよう、積極的に摂取する必要があるのです。

 

葉酸不足が原因でおきる先天性異常で、赤ちゃんはどうなるの?

f:id:childtrendsdatabank:20170920111706j:plain

葉酸不足が原因で赤ちゃんのカラダに起こる先天性異常は、神経管閉鎖障害とよばれるもので、二分脊椎症と無脳症の2種類に分けられます。

 

お腹の中の赤ちゃんは、その成長過程で「カラダのどの部分ができるか」が異なるのですが、人間のカラダの中枢、つまり生きる上で最も大切な部分である脳・脊髄が作られるのは、妊娠超初期から妊娠3か月までといった、非常に早いタイミングです。

 

もし、このタイミングで葉酸が不足し、細胞分裂に問題が生じた場合には、神経管閉鎖障害を発症する可能性が高くなります。

 

神経管閉鎖障害になると、赤ちゃんはどうなるの?

この神経管閉鎖障害とは、その名の通り神経管の一部が塞がれてしまう障害で、重症度の高い障害です。

 

この影響は、脊髄に及ぶ場合と、脳に及ぶ場合に分かれます。

 

また、葉酸不足による先天性異常は他にもあり、代表的なものに口唇口蓋裂があります。この口唇口蓋裂になると、顔面が不完全な状態で生まれてくる「顔面裂」となり、場合によっては重い合併症を伴う事もある程、怖い症状です。

 

葉酸不足が招く二分脊髄症って、赤ちゃんにどんな影響があるの?

この二分脊椎症を発症すると、赤ちゃんのカラダには、運動機能・感覚機能・排泄機能などに障害が起こります。

 

運動機能に障害がおこると、足の動きに問題が生じ、歩行困難になります。

 

あるいは、感覚機能に障害がおきた場合には、痛み・熱い・冷たいなどが分からなくなります。私たちのカラダは、これら痛み・熱さ・冷たさなどをシグナルと受け止める事で危険を察知し、回避しています。

 

しかし、感覚機能に障害が生じ、これら痛み・熱さ・冷たさなどが分からないとなると、危険を察知する事が困難になり、その結果命に係わる大きな怪我をしても気付かないなど、にわかには信じられない状態に陥る事があります。

 

そして、排泄障害になると、便や尿の排泄コントロールができなくなります。

 

これら障害の程度は、二分脊髄症を発症した時のカラダの状態や、その部位の損傷の程度によって異なり、いずれの場合も、社会生活を送る上で大きな問題を抱えることになります。

 

それを改善するために手術を行う場合もありますが、改善が望めるケースもあれば、そうとはならないケースもあり得ます。

 

無脳症が赤ちゃんに与える影響って?

無脳症とは、脳そのものに足りない部分がある・脳に必要な機能がない・脳が小さすぎるなどの症状が起こり、それが原因でカラダの機能が失われる状態を指しています。

 

そして、この無脳症を発症した場合、65~75パーセントの確率で、赤ちゃんはママの体内で亡くなります。

 

もし、無事出産にまでこぎつけたとしても、ほとんどの場合は数時間、長くても数日で赤ちゃんはその生涯を閉じる事となってしまいます。

 

それほどまでにコワイのが、この無脳症です。

 

赤ちゃんの顔面におきる口唇口蓋裂とは?

口唇口蓋裂とは、赤ちゃんの顔面に亀裂が入る・機能障害がおきるといった先天性異常です。

 

上唇部分が完全に塞がっていない「見た目の問題」がクローズアップされますが、赤ちゃんに起きている問題はそれだけにとどまりません。

 

裂傷の程度によっては、うまくミルクが飲めない・発音障害・咀嚼がうまくできない・中耳炎を発症するなどの問題を生じます。

 

また、心臓疾患・手足の発達異常・ダウン症など、合併症の可能性もあるのです。

 

多くの場合は成長に合わせて手術を行い、それにより治る場合もありますが、重症度によっては、完全に治らないといったケースもあり得ます。

 

この口唇口蓋裂の原因は未だわかっていませんが、妊活・妊娠中に必要量の葉酸を摂取し続ける事によって、口唇口蓋裂の発症リスクを低減するとも言われています。

 

参考文献:マイナビウーマン 【医師監修】妊娠初期までに葉酸が必要な3つの理由

 

葉酸とダウン症って関係あるの?

口唇口蓋裂の合併症にダウン症があげられている以上、「関係あり」と考えるのが自然な流れなのかもしれません。

 

しかし、未だ葉酸不足とダウン症に、はっきりとした因果関係があるかどうかについては不明です。そのために、今現在も研究が続けられているのが現状です。

 

ただ、こういった趣旨の研究がなされている事自体、葉酸不足とダウン症に関係があるのでは?と考えられている証拠かもしれません。

 

ダウン症ってどんな病気?

ダウン症とは、染色体異常の先天性疾患です。何らかの原因で細胞に異常が生じ、通常ならば2本の染色体が1本多い3本となります。それが原因で、お腹の中の赤ちゃんは通常とは異なる体質となります。

 

ダウン症を生じると、多くの場合は流産・死産につながりますが、その他の染色体疾患と比較すると、生まれてくる確率が最も高いのも、このダウン症の特徴です。

 

ただし、無事に生まれてきてくれたとしても、その疾患の状態・合併症などが原因で長く生きられないケース、長く生きられたとしても、多くの場合は発達上の問題を抱える事になります。

 

参考文献:公益財団法人 ダウン症を授かったご家族へ

 

妊娠中に葉酸を摂る意味は、赤ちゃんが五体満足で生まれてくるため?

f:id:childtrendsdatabank:20170920105058j:plain

パパやママは、赤ちゃんの誕生を心待ちにしています。そして、五体満足に生まれてくれることを願います。そのために葉酸は必要不可欠。

 

残念ながら、「葉酸さえとっておけば大丈夫!」という訳ではありませんが、葉酸が不足する事で、お腹の赤ちゃんは先天性異常のリスクにさらされることは確かな事実。葉酸の持つ細胞分裂や増殖を助ける役割から考えれば、そうなるのもうなずける話です。

 

先天性異常が起こる原因の一つに葉酸不足がある事、そしてその程度は、不足する細胞の数や種類によって異なり、軽度の場合もあれば重度の障害につながる場合もあります。

 

そして、この葉酸不足で起こる先天性異常では、最悪の場合大切な赤ちゃんの命を奪われてしまいます。

 

あるいは、その程度が比較的軽度であったとしても、完治の難しさのリスク、手術や治療による痛みなど、赤ちゃんのカラダに深刻なダメージを与える事は避けられません。これはパパやママにとっては、自分の事以上に辛い事ではないでしょうか?

 

とても怖い先天性異常ですが、必要量の葉酸を摂取する事で、そのリスクを低減する事ができるのです。

 

これが妊娠すると葉酸を積極的に摂取すべき一番の理由なのです。

 

そのため、葉酸の必要性は国の期間である厚生労働省が正式に認め、一日に摂取すべき量の基準値を発表しています。また、その重要性から、母子手帳にも同様の記述があるほど、妊娠しているカラダにとって重要な栄養成分です。

 

参考文献:マイナビウーマン【医師監修】本当にあるの? 妊娠しやすいサプリの働きと注意点4つ

 

葉酸が不足する事で妊婦のカラダに起こる問題ってどんな事?

葉酸不足で細胞分裂がうまくいかなくなると、その影響は妊婦であるママのカラダにも表れ、悪性の貧血である巨赤芽球性貧血・免疫機能の低下・消化機能の低下・動悸・息切れ・倦怠感などを引き起こすことがあります。

 

また、胃潰瘍・十二指腸潰瘍・舌炎・口内炎などを引きおこしたり、葉酸不足の状態が更に深刻になると、動脈硬化・妊娠高血圧など、生命の危険が伴う状態に陥る事もあります。

 

どれも妊婦にとって、辛い症状ばかりです。そして、深刻な状態を招く場合もあります。

 

葉酸についてもっと知りたい!

f:id:childtrendsdatabank:20170920113005j:plain

 

葉酸は水溶性ビタミンの代表であるビタミンB群の1種で、細胞分裂を助けることで、赤ちゃんのカラダ作りを強力にサポートします。

 

そして、この細胞分裂は、赤ちゃんのカラダだけではなく、ママのカラダの再生にも必要。なので、妊婦にはこの葉酸がたくさん必要になるのです。

 

葉酸の働きって?

葉酸の仕事は細胞分裂を助けて、赤ちゃんのカラダ作りをサポートすること。

 

細胞分裂によって、1つの細胞が分裂と増殖を繰り返し、どんどん増えます。それによって、私たちのカラダは作られています。

 

お腹の赤ちゃんの場合、細胞分裂が盛んに行われることで、カラダは作られます。

 

そして、ママのカラダでも、この細胞分裂は行われていて、古くなった細胞を新しく生まれ変わらせています。代表的な細胞分裂が「肌のターンオーバー=肌の生まれ変わり」あるいは、「髪の毛の生え変わり」など。

 

あるいは、病気や怪我などからの回復時にも、この細胞分裂は行われています。

 

こうして私たちの細胞は、使い古されその役割を終える、あるいは病気や怪我で傷つくことで、新しい細胞に生まれ変わっているのです。

 

これらは全て「細胞分裂」と「細胞の増殖」、つまり「細胞を作ったり増やしたりすること」によって実現されています。

 

それを助けているのが葉酸。ですので、この葉酸はカラダを作るためにはなくてはならない栄養素なのです。

 

葉酸を食事だけでとるのは難しい?

妊活・妊娠中のカラダには普段の2倍、時期によってはそれ以上の葉酸の摂取が必要。という事は、食事の量もそれに比例して増える事になります。

 

それだけの量の食事だけでとるのは事実上不可能。

 

葉酸は、緑黄色野菜・大豆製品・牛乳・果物など、普段の食事に登場する食べ物に多く含まれていますので、普段の生活に必要な量ならば、比較的摂取しやすい栄養素だと言われています。

 

しかし、熱に弱い・体内への吸収率が低いなどの特徴があるため、多めの量を食事でとるのは難しいと考えられています。

 

加えて、葉酸は水溶性ビタミンなので、どんなに積極的に摂取しても、体内で使用された分以外は全て尿などと一緒にカラダの外に排出されますので、体内にためておくことが出来ません。ですから、毎日必要な量を摂らなければいけないのです。

 

つまり、毎日の食事だけで葉酸を賄うためには、毎日の食事の量を増やして食べ続ける事が必要となるのですが、そうでなくてもつわりや体調不良などで食欲が減退しがちな妊娠中に、それだけ多くの量の食事を、しかも毎日とるのは事実上不可能です。

 

もし、「つわりもなく食欲旺盛!全然大丈夫食べれます!!」といったたのもしいママがいたとしても、今度は摂取カロリーや塩分の摂取量といった、別の問題に発展します。

 

ですので、妊活・妊娠中に必要な葉酸を「食事で全部とる」というのは非現実的なハナシ。

 

これらの事から、食事にプラスしてサプリメントで摂取する方が、現実的で確実な葉酸の摂取方法だと言えるのです。

 

葉酸を食べ物で摂取するなら何が良い?

f:id:childtrendsdatabank:20170920113813j:plain

葉酸を多く含む食べ物は緑黄色野菜・果物・卵・牛乳など。レバーにも多く含まれますが、実はこれハイリスク!なので、レバー以外の食品での摂取がおススメです。

 

〈レバーはハイリスクってどういう意味?〉

その理由は、お腹の赤ちゃんの先天性異常の原因になるビタミンAの存在です。

 

レバーには確かに葉酸が豊富に含まれていて、「妊娠したらレバーをたくさん食べなさい!」なんて話を聞くことがあります。

 

貧血対策や葉酸摂取という目線だけで見ればそれは正解かもしれませんが、忘れてはいけないのがビタミンAの存在。

 

ビタミンAの過剰摂取からくる赤ちゃんの先天性異常のリスクを考えると、レバーで葉酸の摂取を賄うというのはおススメできません。

 

レバー以外で葉酸を豊富に含む食べ物って?

野菜なら、ほうれん草・ブロッコリー・春菊・菜の花・芽キャベツ・枝豆・モロヘイヤなどが葉酸を豊富に含んでいます。

 

そして、果物なら、さくらんぼ・いちご・ラズベリー・マンゴー・アボカドなど。

 

乳製品なら、牛乳・チーズ・ヨーグルトとなります。

 

このほか、納豆・チーズ・卵・タタミイワシ・しらす・サクラエビなどにも葉酸は豊富に含まれています。

 

ただし、これら加工品の中には、塩分が豊富に含まれているなど、注意が必要な食べ物もありますので、いくら葉酸を摂取したいからとはいえ、食べ過ぎはNG。適量の摂取にとどめましょう。

 

葉酸は加熱調理に弱いってホント?

葉酸の摂取で悩ましいのが過熱調理に弱い事。

 

たとえば葉酸を含む葉物野菜をボイルした場合、葉酸は半分程度まで減少すると言われています。ですので、生でいただけるものは極力生でいただきましょう。

 

そして、加熱調理が必要ならば、出来る限り加熱時間が短くなるなど、手早く仕上がる方法で調理しましょう。

 

葉酸は吸収されにくい栄養素なの?

葉酸を食べ物で摂取した場合、体内には半分程度しか取り込まれないと言われています。このことから、葉酸を豊富に含む食品を食べたとしても、調理過程とその取り込まれにくさで、含有量の半分~1/4程度しか体内で有効に働かないと言われています。

 

葉酸を活かすには、必要な栄養素があるってホント?

吸収されにくい葉酸ですが、同じビタミンB群のビタミンB6・ビタミンB12、そしてビタミンCとの同時接種でカラダへの吸収率を向上させることが出来るとされています。

 

元々、ビタミンB群は複数の成分を同時に摂取する事で、さらにその力を発揮する栄養素。葉酸は、そのビタミンB群に属していますので、その他の成分との同時摂取によって体内への吸収率が上がり、その力を存分に発揮できるのです。

 

ビタミンB6を含む食品とは?

ビタミンB6は、鮭・カツオ・マグロなどの魚類を始め、鶏肉に多く含まれています。また、果物ならばバナナに多く含まれています。

 

ビタミンB12を含む食品とは?

ビタミンB12は、動物性の食品に含まれる栄養成分です。中でも、しじみ・アサリ・牡蠣などの貝類に多く含まれています。

 

また、レバーにも多く含まれていますが、レバーの摂り過ぎは前述のとおりリスキー。ですので、レバーを頂くなら、ごく少量にとどめておきましょう。

 

ビタミンCを多く含む食品とは?

ビタミンCはいちご・レモン・アセロラ・キウイフルーツ・ライチ・みかんなどの柑橘系の果物に多く含まれています。

 

野菜なら、ピーマン・菜の花・ブロッコリーなどに多く含まれていますので、妊娠中にはこれらを使ったサラダをとったり、朝食やデザートなどでビタミンCを多く含む果物を取り入れるようにしましょう。

 

葉酸は水溶性ビタミンの1種なので要注意っていうけど、それってどういう意味?

水溶性ビタミンである葉酸は、水に溶けやすいため、尿などと一緒にカラダの外に排泄されます。

 

つまり、体内にためておくことは出来ない栄養素。なので、毎日とらなければいけないという意味なのです。

 

葉酸はどうやってとればいいの?

このように、葉酸を摂取する方法は、食事だけでは難しい。それを補うのがサプリメント。この2つのバランスを取りながら、必要量の葉酸摂取に努めましょう。

 

葉酸をサプリメントで補うのがベストな選択?

f:id:childtrendsdatabank:20170920114002j:plain

必要な量の葉酸を確実に摂取するためには、サプリメントはベストな選択!

 

もちろん、食事の栄養だけで必要量の葉酸を摂る事ができればそれに越した事は無いのですが、妊娠中の葉酸の必要量が普段の2~2.5倍となる事・それによる食事量の増加・カロリーコントロールの難しさ・つわりによる食欲不振の影響・食べられるものが限定される事など、多くの課題があり、これらすべてをクリアするのは現実的ではありません。

 

このことから、一日に必要な葉酸を食事だけで賄うのは現実的な選択だとは言えないのです。

 

その点、サプリメントなら、適量を水と一緒に飲むだけですので、必要な量の葉酸を確実に摂取できます。

 

そして、多くの場合、味・匂いなどの問題もほとんどありませんので、つわりに苦しんでいるタイミングであっても比較的摂取しやすいのがサプリメントのメリットの一つです。

サプリメントは葉酸の過剰摂取になるってホント?

サプリメントは食事で摂取する葉酸に比べて体内への吸収率が非常に高く、なんとその数値は85パーセント。しかし、容量を守って摂取すれば、過剰摂取になる事はまずありません。

 

しかし、葉酸をしっかり摂らなければいけないと考え、用量を守らすに摂取してしまった場合には、過剰摂取となり、それによる副作用がおこる事があります。

 

葉酸は体外に排出される水溶性ビタミンなので過剰に摂取しても大丈夫では?と考え、多めに摂取する事があるのかもしれませんが、その判断は間違いです。

 

葉酸の過剰摂取には副作用があるの?

一定量を超えた過剰摂取の場合、排出される前に体に影響が現れ、吐き気・食欲不振・むくみ・不眠症などの副作用を生じる事があります。

 

葉酸は水溶性ビタミン。なので、体外に排出されるというのは間違いではありませんので、ごくまれに「ちょっと多めに葉酸とってしまった!」くらいの過剰摂取なら問題ありません。

 

しかし、多すぎる摂取量や、過剰摂取の状態が続くとなると、カラダに影響が現れ、「葉酸過敏症」を発症する可能性があるのです。

 

葉酸の過剰摂取で発症する葉酸過敏症って何?

葉酸過敏症になると、発熱・じんましん・かゆみ・呼吸障害といった副作用がカラダにあらわれます。

 

一過性の葉酸の過剰摂取でここまでの状態を招くことはほとんどありませんが、葉酸の過剰摂取の状態が続いた場合、あるいは極端な過剰摂取の場合に引き起こされる症状です。

 

ビタミンB12欠乏症の診断が出来ない?

葉酸の過剰摂取により、ビタミンB12欠乏症の症状がカラダに現れにくくなる、つまりビタミンB12欠乏症の発見が遅れるという事です。

 

もし、ビタミンB12が欠乏すると、赤ちゃんの発達に遅れが生じる事があります。また、ママのカラダでは、「巨赤芽球性貧血」という貧血が起こり、その影響で顔色が悪くなる・頭痛・動悸や息切れ・めまいや立ちくらみ・疲れやすさや倦怠感が続くなど、貧血の症状があらわれます。

 

そして、食欲不振・味覚障害・ハンター舌炎などの症状を引き起こす場合があります。

 

参考文献:マイナビウーマン 【医師監修】知っておきたい!葉酸とビタミンB12の深い関係

 

葉酸の過剰摂取の量とは?

葉酸の過剰摂取となる基準は、29歳までなら900マイクログラム、それ以上なら1,000マイクログラムとなりますが、妊娠している女性の場合、年齢にかかわらず1000マイクログラムと考えるのが一般的です。

 

参考文献:厚生労働省 日本人の食事摂取基準(2015 年版)

 

食べ物・サプリメント両方では過剰摂取にならないの?

葉酸の場合、サプリメントの分量を守って摂取すれば、過剰摂取を招く事はまずないと考えられています。

 

その理由は2つ。葉酸は体内に蓄積されない事と、食べ物からは摂取しずらい栄養素である事。

 

葉酸の過剰摂取となる数値は1000マイクログラム。妊娠中の葉酸の最大必要量は640マイクログラム。その差360マイクログラム。

 

サプリメントで葉酸の最大必要量である640マイクログラムをとっていると仮定して、残りの360マイクログラムを超える量を食事で摂取すると、葉酸の過剰摂取となります。

 

しかし、摂取しにくいという葉酸の特徴を考えると、普通の食事でこの360マイクログラムを超える量の葉酸を摂取すること自体が考えにくい事なのです。

 

たとえば、葉酸を摂取しようとホウレンソウ100グラムを食べたと仮定します。ホウレンソウ100グラムに含まれる葉酸は210マイクログラム。これだけ見れば多く感じ、ある程度の量の摂取ができると考えてしまいますが、その答えはNo。

 

洗う・加熱などの調理段階で、葉酸は半分程度にまで減少します。さらに、体内に吸収されるのは多くてその半分程度。ですので、ホウレンソウを100グラム食べたとしても、葉酸の摂取量は最大で52マイクログラム程度と非常に少なくなります。

 

もし、調理後に水にさらす、ソテーする、あるいはお鍋などで加熱し続けるなどの調理方法の場合、多くの葉酸は失われ、食品内には殆ど残っていない場合さえあるのです。

 

これが、食べ物で葉酸が摂取しにくいとされる理由、つまり過剰摂取になる事はまずないと言える根拠です。

 

注意が必要なパターンってあるの?

もし、サプリメントで最大必要量を摂取し続け、尚且つ葉酸を多く含む食べ物を、毎日たくさん「生」で食べ続けた場合、過剰摂取となる可能性はゼロではありません。

 

きっと、そこまで葉酸の摂取に注意しているママは、「絶対に葉酸を不足させない!」といった、強い気持ちの方なのでしょう。素晴らしいです。確かに、葉酸は足りないよりも多い方が良いのです。

 

でも、やっぱり葉酸の過剰摂取が原因で、ママの体調が悪くなるのは、妊娠中のカラダにとって好ましい事ではありません。

 

どうしても心配ならば、サプリメントで必要量をきっちり摂取して、食事はあえて葉酸を多く含む食事にこだわらないで普通にとる。

 

そうすれば、妊娠に必要な葉酸が不足する事も、過剰摂取が続くこともなくなります。

 

サプリメントと食事のバランスを考えながら、過剰摂取には注意しつつ、葉酸の摂取に努めましょう。

 

葉酸はどのタイミングでどれくらいの量が必要なの?

妊活中から妊娠3か月までの間は640マイクログラム。普段の生活で必要となる葉酸の約2.5倍以上となります。

 

それ以降の妊娠期間に必要な葉酸は480マイクログラム。そして、産後に必要な葉酸の摂取量は340マイクログラムまで減少し、これを卒乳まで続けます。

 

卒乳後は妊娠していない時の240マイクログラムにまで減少します。

 

参考文献:一般社団法人 葉酸と母子の健康を考える会/葉酸とは

 

葉酸はいつまでとるの?

葉酸の摂取は、産後のカラダがしっかりと回復するまで摂取を続けます。ただし、その量は妊娠中ほど必要とはしませんので、減らしてもOK。その時の条件によって、摂取量を決めましょう。

 

産後に葉酸を摂るのはどうして?

産後のカラダに葉酸が必要なのは、カラダの回復をサポートすることと母乳のため。これらのために必要な葉酸は340マイクログラムとされていますので、妊娠時よりも摂取量を減らしてもOK。

 

しかし、中には葉酸の摂取を減らした事による体調不良に陥る場合もあります。その時に引き起こされる症状は、吐き気・胃の不快感・食欲不振など。これらの症状がみられる場合は、葉酸を徐々に減らす方法にシフトして、体調を見ながら葉酸の減量をおこないましょう。

 

そして、卒乳のタイミングで通常時の240マイクログラムまで減らしても大丈夫。このタイミングで、食事での葉酸摂取にシフトしてみる方法もあります。

 

男性にも葉酸が必要ってホント?

葉酸の働きである細胞分裂をサポートする働きは、私たちのカラダのすべてに影響を与えます。それは精子にとっても同じ事。

 

男性のカラダが必要量の葉酸で満たされていれば、元気な「精子」を育てる事ができます。つまり、男性のカラダにも葉酸は必要。妊活中なら葉酸の摂取は必須と考えましょう。

 

男性不妊の原因は葉酸不足かもしれない?

男性不妊の原因の一つに「精子の質の低下と量の減少」があげられます。

 

実際、オランダで行われた実験では、男性の葉酸摂取が、正常な精子の増加につながったケースが報告されています。

 

妊娠には正常な精子が必要。それは女性がどんなに頑張っても作る事は不可能なのですから、男性も葉酸を積極的に摂取して、妊活に役立てましょう。

 

参考文献:マイナビウーマン【医師監修】葉酸サプリは男性も摂取すべき? 効果&気をつけたいポイント

 

男性の葉酸不足は不健康な精子が増えるの?

もし、男性のカラダが葉酸不足の状態だと、精子の細胞分裂が正常に行われなくなり、それが原因で、染色体異常の精子が増加します。それが胎児のカラダ、つまりお腹の赤ちゃんの先天的障害につながる可能性もあるのです。

 

仕事や付き合いで外食が多く、野菜不足、つまり葉酸不足になりがちなのが男性。ですので、サプリメントなどで意識的に葉酸の摂取に努めましょう。

 

男性が葉酸をとるベストなタイミングっていつ?

これは、女性と同じタイミングがベストです。妊活を開始するならば、遅くともその1か月前から、自然な流れでの妊娠を希望しているのならば、今すぐに葉酸の摂取を始めましょう。

 

男性が葉酸を摂取する目的は、カラダの細胞分裂をサポートし、正常な精子を育てる事。ですので、自然な流れに任せているならば、常に体内をベストな状態に保ち、精子のコンディションを整えておく必要があります。ですので、普段から葉酸の摂取に努めましょう。

 

男性の葉酸摂取量はどれくらい?

成人男性には、1日240ナノグラムの葉酸が必要です。

 

これは、一般的な成人男性に必要とされる量です。つまり、健康を保つために必要な量が、細胞分裂を正常な状態に保つために必要な量となります。

 

妊娠に欠かせない葉酸。赤ちゃんの健康のために、パパもママと一緒に葉酸を摂りましょう。

 

結論!!葉酸は子供のカラダを作っている大切な栄養素。なので、少しでも早めの摂取が理想的!

「葉酸ってどうして必要?いつから始めていつまでとるべき?」をメインテーマに掲げ、それにまつわる多くの疑問とその回答をご紹介してまいりました。

 

葉酸は赤ちゃんのカラダを作り、ママの健康を支え、パパの妊活にさえ役立つ重要な栄養素。

 

万が一不足してしまった場合に生じる問題の大きさを知ると、怖さすら感じます。でも大丈夫。そのために葉酸サプリメントがあるのです。

 

少しお金はかかりますが、そこから得られるメリットはまさにお金には変えられません。

 

葉酸は食事&サプリメントの合わせ技で摂取する、あるいはサプリメントで確実に摂取するなど、それぞれに合った方法で葉酸を摂取して、赤ちゃんを迎える準備を整えておきましょう。そうすれば、妊活・妊娠生活が少しでも穏やかな気持ちで過ごせるのではないでしょうか?

 

筆者

f:id:childtrendsdatabank:20170920120344j:plain

kameです。2人の娘&2人の孫を持つ50歳ライターです。

娘の育児を陰で支える事に日々の幸せを感じています。

 

記事を書くときには、娘にアドバイスを送る時のような、

真剣でかつ暖かい気持ちで取り組んでいます。

 

少しでも多くのプレママに役立てて頂ければ幸いです。

宜しくお願いします。

 

 

当ブログはオムニバス形式で、妊活中の女性や、リアルタイムでつわりを体験している妊婦さん、出産を経た先輩ママたちが、執筆しています。実体験に基づく貴重なエピソードや、妊活の成功体験から、授かりの秘訣やノウハウを提供致します。
また、アンケート等の回答結果はすべて個人の感想です。経験者一人ひとりの体験に基づく、十人十色の内容が投稿されています。予めご了承ください。



copyright@あんしん認証合同会社  運営者情報