子宝統計データバンク@childtrendsdatabank

IQ58(療育手帳B2)の非定型児を持つ親が後悔と共に発信する、妊娠中の栄養状態に関する警告レポート

待ちきれない!妊娠検査薬は生理予定日7日前からフライングOK

f:id:childtrendsdatabank:20170727181900j:plain

 

女性にとって妊娠は良い意味でもそうでなくても一大事です。

心待ちしている人もいれば、「今は妊娠する時期ではない」と避妊をして妊娠を避けている人もいます。

どんな女性であっても、妊娠する可能性はあるわけですから、生理が遅れていることに気付いたり体調不良が続いていたら「もしかして?妊娠してる?」と思わずにはいられません。

そんな女性は待ちきれない気持ちを隠せずに、妊娠検査薬の準備に取り組んでしまいますよね。

そんな妊娠に関わる女性の皆さんに妊娠検査薬は生理予定日7日前からでもフライングで活用出来る!というお話しを多方面からさせていただきますね。

ソワソワしている方はぜひ参考に読み進めていってくださいね。

妊娠検査薬はいつから使える?



自身の妊娠を疑ったなら、出来るだけ早く結果を知りたいものです。

ここであなたの人生が決まるのかもしれませんよね?

待ちに待った結果なのか、結果次第ではパートナーとじっくりと将来について考える必要があるのか、どのような女性でも妊娠検査薬をするまではソワソワしてしまいます。

ひと昔前までは、「生理予定日から1週間後から使える」と言われていて、親世代の人は今でもそう思っている節はあるようですが、時代は流れました。

あなたのように、早く結果を知りたい!というニーズに応えるためなのか驚きの時期に妊娠検査薬を使えるようになっています。

いつから使える?といつから反応する?の違い



ここでは当たり前の話しをしますよ。

妊娠検査薬はいつでも使えます。

性交渉を行なっていない人だって使えます。

ここで言いたいことは、使えると反応するという言葉の違いについて理解することがこれからお話する妊娠検査薬でフライング検査を行うことに繋がっていくのです。

使えるとは使用するということ。

では、反応するとは?

妊娠検査薬を使った人が「反応があったよ!」と言った場合には陽性反応があった時を指します。

つまり、妊娠をしている可能性が極めて高いことを指す「反応」が妊娠検査薬にあった、ということです。

簡単なことですが、実は重要なことですから、ここで今一度しっかりと把握しておきましょうね。

妊娠をしたかどうかは、後に詳しくご説明しますが小さな窓に妊娠を表す判定が出るかどうかです。

もちろん、妊娠をしていない可能性が高い場合には判定が出ません。

これで、妊娠の有無を見極めることになるのですが、体の中が妊娠によって変化が起こっていなければ判定や反応が出ることはないのです。

妊娠によって体に起こる変化と妊娠検査薬の反応はイコール



妊娠をすることで妊娠ホルモンと呼ばれているHCG(ヒト絨毛性性腺刺激ホルモン)が多く分泌されます。

そして、妊娠検査薬は尿中にあるHCG濃度が高いと反応を示します。

妊娠をするとHCGの分泌が増え、その分泌されたものは2〜3日後には尿に排出されます。

この時期からが妊娠検査薬の使いどころ!ということになりますね。

出来るだけ早く妊娠検査薬で結果を知りたい!という方、妊娠検査薬を購入する時に気をつけることで、思いの外早く結果を掴むことになりますよ。

通常の妊娠検査薬は尿中のHCG濃度が50mIU/mL以上を基準として反応を示します。

このタイプの妊娠検査薬は、生理予定日から1週間後に使用出来るもので、50mIU/mL以上を確認出来ているので、反応があれば妊娠をしている確率は100%に限りなく近付けることができますから、正確さが高まります。

しかし、妊娠検査薬の中には通常の妊娠検査薬の半分25mIU/mLのHCG濃度で反応を示す「早期妊娠検査薬」と呼ばれている優れものがあり、ソワソワしている時間を短縮させることができるのです。

ソワソワしているだけでなく、妊娠をしていたら薬や運動、仕事などにも気を配る必要がありますから、早く結果を知りたいと思う女性も多く、今ではこちらの「早期妊娠検査薬」が大人気となっております。

そして、気になる「いつ使えるの?」の疑問には「早期妊娠検査薬でしたら生理予定日の7日前に検査可能」だとお伝えいたしましょう。

女性としては、「もしかして?」「いやでも…」の繰り返しはストレスにもなってしまいますから有難い商品ですよね。


妊娠の可能性を探る生理予定日について



ここまで、生理予定日という言葉を繰り返してきましたが「生理」や「生理予定日」については女性としてきちんと理解が出来ていますか?

実は、学生の頃に保健の授業で聞いただけであまりよく分かっていない…という方にも、「女性の体だもん、そのくらい知ってる!」という方にも、生理予定日についてもう一度確認の意味でもみていきましょう。

あなたの体に重要な枠割を果たしていることですから、しっかりと理解をしましょうね。

そもそも生理ってなに?

妊娠をするための重要な活動って知っていますか?

毎月毎月、不快感とともに飽きずにやってくる生理。

生理前から気分も優れない、体調も悪い不快感マックス!な生理の意味についてご紹介しましょう。

まず、生理という言葉は医学的用語ではありません。

正しくは「月経(げっけい)」と言います。

しかし、あまり女性で月経が…なんて言っている人は見かけませんね、「生理」「女の子の日」なんて言い方が多いですね。

生理も月経と同じくらいにはっきりと大きな声で口に出しては言いにくい言葉だと思っている女性も多いのです。

さて、そのような女性をデリケートな気持ちにさせる生理ですが毎月子宮内に内膜が作られていることが原因です。

これは、前の生理が終わり、妊娠をした際に胎児を守る為にも必要なものなのです。

排卵があり、その卵子と精子が受精しなければその1サイクルでの妊娠はなかった、となり子宮内に出来た内膜は必要なくなります。

これが、剥がれ落ちで経血となって膣から排出されるのが生理です。

そして、また赤ちゃんを迎えるための内膜を作られて…と繰り返されるのです。

生理があるということは、妊娠をすることが出来る証だとも言えますね。

生まれて初めての生理を初潮と呼びますが、この際には「大人になった証拠だよ、おめでとう」とお祝いしますよね。

大人の女性としての体、妊娠をするために活動だという事が出来るのです。

生理予定日っていつ?



妊娠検査薬を使用する際のポイントとなるのが「生理予定日」です。

あなたは自分の生理のサイクルについて観察をしたことがありますか?

赤ちゃんが欲しいなと妊活をしている方ならば当然把握をしているはずです。

生理の経血は個人差がありますが概ね7日かけて外に排出されます。

そして、そこから約7日後に排卵が起こります。

妊娠する際にはここで受精し着床し、また1週間をかけてHCG濃度が高まったり妊娠の兆候が現れ始めます。

しかし、妊娠に至らなければ前回の生理から約28日後に生理が起こります。

多くの女性は生理がおおよそ28日周期で訪れます。

そして生理が始まるであろう日を生理予定日と呼んでいます。

生理の周期が順調ならば、前の生理から数えて28日目。

毎月30日周期、25日周期と女性個人ごとに差がありますから、妊娠検査薬を使用する際やこれからお世話になる場合にはまずは自身の生理の周期について調べた上で毎月の生理予定日について知ることが重要になってきますよ。

️陽性反応が出たってことは?妊娠の可能性ある?



それでは、妊娠をしているのかを知りたいと思った状況になり妊娠検査薬を使用した際のお話に移りましょう。

妊娠検査薬の正しい使い方については後ほどお話をしますが、妊娠検査薬を使用して陽性反応が出た場合には妊娠をしていると言って間違いないのでしょうか。

まだまだ妊娠をしていたとしても初期の初期ですから、悪阻もまだ体調の変化やもちろん体型の変化についても目立ったことはありません。

本当にこのお腹の中に赤ちゃんがいるの?

と不思議な気持ちになりますね。

最近の妊娠検査薬についての正確性もとても信頼の出来るものとなっております。

上述しておりますが、尿中でのHCG濃度によって妊娠反応を知らせてもらえるものですが、その効果は抜群なのです。

妊娠をしていることで濃度が高まりますから、当然の結果と言えば当然です。

しかし、妊娠をしていることに安心するにはまだ早いと自分を戒める必要もありますので、お伝えしておきましょう。

妊娠検査薬で陽性反応!喜んでいたら実は?



妊娠を望んでいる女性にとって妊娠検査薬の陽性反応、すなわち妊娠している可能性が極めて高い!と目の当たりにしたら、静かな喜びと感動にあなたの心は満たされます

パートナーに報告をし、これからの未来への道筋についてワクワクしながら話ができますね。

しかし、そんな喜びもつかの間ということがあります。

女性の体では確かに妊娠をしているのですが、残念ながら正常なものではないことがあるのです。

最たるものが子宮以外での子宮外妊娠ですね。

妊娠検査薬によって陽性反応が出たことで、喜び経過を待とうと決めている場合に子宮外妊娠であれば、母体にも影響が表れ、最悪命に関わることにもなってしまいます。

神秘的な妊娠であるからこそ、誰でもが同じ妊娠を経験するわけではありません。

中には、幸福とはかけ離れた妊娠の結果に繋がることもあるのです。

妊娠検査薬で陽性反応があって病院に行っても妊娠を確認出来ない場合



妊娠検査薬で妊娠を知らせる陽性反応があったとしても、病院で診てもらっても妊娠を確認出来ないことがあります。

排卵をし精子と受精すると妊娠となりますが、着床が上手く行っていない、染色体の異常によって胎児や胎嚢(胎児が入っている袋のようなもの)を確認することが出来ない場合があります。

これは、妊娠の過程で問題が発生し妊娠が上手く進んでいないことを表しているのです。

しかし、尿中にて調べられるHCG濃度は妊娠自体はしていることを表していますので陽性反応は間違いなく出ても胎児が存在しない、胎嚢が確認されなければ病院では妊娠をしているとは言えないのです。

きっと、その場で妊娠おめでとう!ではなく、2週間後へと経過観察という具合になります。

このように、妊娠検査薬によって陽性反応が出たからといって正常で安心出来る妊娠であるのか?と言われたらそうではありません。

妊娠の有無を確認をする予備的な意味合いを含めて使用するように心がけて、陽性反応が出たならば医師によって最終的な判断をしてもらうとより安心することができますね。

妊娠をしたからといって、全てが安心の出来るものではないということはあなたの為にも赤ちゃんの為にも覚えておきましょう。

️陰性反応で妊娠してないとがっかりしちゃってる?

妊娠している期待を背負って妊娠検査薬をした方が陰性という答えが出てしまったら…

がっかりしてしてしまいますよね。

一度、少しでも高まった期待を下げるのは骨の折れる作業です。

赤ちゃんへの期待、これからの生活の変化への期待と様々な角度から気持ちを落ち着けなければいけません。

しかし、そのがっかりの気持ちを再び期待させてもいいですか?

というのも、妊娠検査薬で陽性への反応がない、すなわち陰性だったという時にはまだ諦めてはいけない理由がいくつかあるのです。

今日陰性だったけれど、明日は陽性反応が出ることだってあることを知っておきましょう。

陰性反応は妊娠していないとも言い切れない理由



妊娠検査薬によっては「生理予定日から」「生理予定日の1習慣後から」「生理予定日の1週間前から」と使用できるタイミングが違います。

生理予定日がこれまでに一度も狂ったことのない女性はいませんよね?

体調や精神状態によっても生理予定日にズレが生じることはままあります。

生理が来ないで妊娠検査薬した途端に来た!という経験は多くの女性がしているはずで、排卵のリズムがたまたまズレていた月だとするならば、陰性でも数日後に再び妊娠検査薬をすると陽性反応でおめでたということもあり得ます。

一度妊娠検査薬を使用して陰性でも、まだ生理が来ないのでしたらもう一度日を置いて挑戦しましょう。

また、HCG濃度の問題があります。

上述しておりますが、妊娠検査薬によって陽性反応になるためには必要なHCG濃度が必要です。

妊娠をして7日ほどでHCGが尿中に排出し始め、妊娠前期で高濃度となります。

しかし、これらには個人差もあり先ほどの排卵のズレもありますから妊娠をしていてもHCG濃度がお使いの妊娠検査薬が陽性になるための基準に達していなかった、ということも考えられますよね。

一言で言えば、妊娠検査薬を使用した時期が早かった、ということです。

妊娠検査薬が示している生理予定日としたタイミングはその時のあなたの体とズレが生じていたのです。

そして、妊娠検査薬を使用する際には尿をかけるわけですが、尿の量が少ないと上手く反応を示すことが出来ない場合があります。

しっかりと尿をたっぷりとかけられたなら、次回はしっかりと陽性反応が出てくるかもしれませんね。

陰性反応があっても体は大事にしましょう



ここでお伝えしたいのは妊娠に期待をして妊娠検査薬を使用したけれど陰性反応だった、だから妊娠をしていないものだという行動を起こしてはいけませんよ、ということです。

妊娠検査薬が陽性反応を示せば、正常なり安心出来ない状態でも妊娠はしています。

しかし、陰性反応だからといって、妊娠をしている状況を完全に否定してしまってはいけません。

妊娠検査薬が妊娠をしているのに陰性反応を示す理由はいくつかありましたよね?

これらの可能性を排除してしまったなら、激しい運動をしたり体に負担のかかる行動を起こし、妊娠初期には注意をしなければならない薬を服用してしまうこともあります

後に「実は妊娠していた」事実が分かった時には、焦りも相当なものとなってしまいます。

妊娠検査薬によって陰性反応が出た際には、次の生理がくるまでは「妊娠しているかも」という気持ちを心のどこかに持ち合わせて頂きたいのです。

あなたのことも赤ちゃんのことも今から大事にする行動に気を配っていきましょうね。

がっかりするのは、生理がやってきてからですよ。

️妊娠検査薬での反応での一喜一憂は危険


妊娠検査薬を使用して陽性反応、陰性反応で一喜一憂してしまう気持ちはとても分かります。

それは当然のことです。

妊娠を心待ちにしている人でも、今は妊娠を避けたいと思っている人でも同じことが言えます。

では、妊娠検査薬の確率ってどのくらいなのでしょうか?

100%でないことはきっと皆さんもご存知でしょうし、先ほどの項目を熟読してもらえれば理解することができますよね。

陽性反応では妊娠している確率は99%だと断言してもいいでしょう。

しかし、その妊娠が正常なものかを表しているかどうかは話しが別ですよ。

妊娠検査薬で陽性反応が出たら、きちんと医師に確認をしてもらってくださいね。

陽性反応だけならば99%だと言えますが、陰性反応からの陽性反応というパターンは実際には多くあります。

理由については上で述べていますが、妊娠検査薬としての精度は99%だと言われていますが、女性側によって妊娠検査薬の反応の確率は上下してしまいますね。

結果によって一喜一憂するのも、なかなか妊娠が実現しない女性にとっては毎月のことですし、それがストレスになってしまってもいけません

心を落ち着けて、いつか赤ちゃんがやってくることを信じていましょうね。

️妊娠検査薬の正しい使い方を知ろう!



妊娠検査薬の精度が99%なのですから、使い手であるあなたが妊娠検査薬を上手に正しく使えていないと、何だかもったいなく感じますよね。

正しい使い方を人に聞くのも恥ずかしい、もしかしたら私の使い方は間違っているかも?という女性は確認の意味でも参考にしてくださいね。

まずはメカニズムを理解しましょう



妊娠検査薬を使用する際には、尿をかけたら妊娠の有無が分かるんでしょ?と簡単に考えるよりも、妊娠のメカニズムや妊娠検査薬についてのメカニズムについて理解を深めてみましょう。

すると、先ほどの確率について知るきっかけにもなりますので、陰性反応だったことでがっかりしたり妊娠をしていない人と同じ行動を起こすことはありません。

陰性反応だからと言っても非妊娠と安易に捉えることもありませんよね。

そして、妊娠についてもっと身近に考えることができますから、いざ妊娠をした時には正しい行動で優良妊婦になることができますよ。

そして、妊娠検査薬のメカニズムについて知ることは、使用する時期やタイミングなどについても正しく理解することができます。

妊娠をしているから必ず陽性反応が出てくるわけではないこと、そして陽性反応が出ても安心だけをしていればいいというわけではないことを頭の片隅にでも置いておるのです。

生理予定日◯日?



妊娠検査薬をいざ使用してみよう!となったら、まず購入しに薬局などに出向きます。

そして、皆さん立ち止まります。

「えっ?どれにしたらいいの?種類がたくさんあるんですけど〜!」

妊娠検査薬の正しい使い方には正しい選び方も含まれていることに繋がっていることにそこで気付きます。

店員さんを呼んで尋ねたいけど、スマホで調べてみたいけど、その場にいることが何だか恥ずかしい!と思って購入することを躊躇してしまうことも。

 

最近は、目に見えるところに置いていないことも要因ですね。

販売されている妊娠検査薬はきっと高性能なものばかりですから、どれを手にとっても構いません。

しかし、あなたの生理予定日がいつなのか、いつその妊娠検査薬を使用するのかについてははっきりしておくことをオススメしますよ。

妊娠検査薬のパッケージには「生理予定日の1週間後から」「生理予定日から」「生理予定日の7日前から」なんて言葉が記されているはずです。

これは、妊娠検査薬を使用する際のタイミングにあたります。

通常の生理予定日以降に使用できる妊娠検査薬はHCG濃度が50mIU/mL以上で陽性反応が出るように基準を設けています。

そして早期妊娠検査薬はHCG濃度が25mIU/mL以上となっています。

あなたが今、生理予定日5日前で自宅に帰ってすぐにでも使用したいのでしたら、パッケージに「生理予定日◯日前可能」書かれている早期妊娠検査薬を購入しましょう。

通常の妊娠検査薬を購入してしまって使用しても、まだHCG濃度が濃くなっていませんので、どれだけ使用しても陽性反応を見ることはできませんよ。

あなたが妊娠検査薬を使いたいタイミングと生理予定日の関係をよく考えて購入しましょう。

みんな、どうやって尿をかけるの?



妊娠検査薬は棒状、スティック状となっています。

持ち手に近い部分に小窓があり、判定を示すための窓が二つあります。

内一つは、判定が終了したサインを表すためのもので、この小窓に縦線が入れば検査は終了です。

そしてもう一つの小窓が重要ですよね。

検査を行い、縦に線が入れば陽性反応すなわち妊娠している、なければ陰性反応ということで妊娠を確認できなかったということになります。

終了を指す小窓に線がくっきりと出ること、そして妊娠反応を見ることに注視しましょう。

そして、妊娠検査薬の先端部分に尿をかけます。

尿を直にかける女性もいらっしゃいますが、尿は限りなく出続けるものでもありませんし、充分な尿の量がなければ妊娠反応に影響してしまいます。

妊娠しているのに陰性反応が出てしまうことによって肩を落とさなければならないかもしれません。

手が汚れてしまうかもしれませんから、直接かけるよりも紙コップなどに尿を予めとって置いて、そこに妊娠検査薬をつけることをおすすめしますよ。

そして、水平な場所に妊娠検査薬を置いて、終了の窓に線が出るまで待ちましょう。

早い人では、尿をかけた瞬間に陽性反応を示す人もいます。

ドキドキしてしまいますが、落ち着いて一つ一つの行程を守って実践していきましょう。

️フライング検査って流行ってるの?生理予定日何日前からフライング検査が可能?



妊娠検査薬について調べていると「フライング検査」という記事などを見かけた人も少なくないですよね?

最近の妊娠検査薬は「フライング検査」が流行っているの?そりゃ、結果は知りたいけれどフライング検査って一体何?という疑問は解消する必要がありますよ。

妊娠の有無を確かめる一大行事ですから、何となく行っていては記念にも記憶にも残すことができません。

そもそもフライング検査って何?



フライング検査といったものは一体何なのでしょうか。

通常の妊娠検査薬は、確実に近いくらいにHCG濃度が高くなっている生理予定日の1週間後に検査を推奨しています。

しかし、様々な事情で出来るだけ早く結果が知りたい、早く赤ちゃんがやってきたことを知りたい、避妊に失敗してしまって不安な気持ちでいるなど、生理予定日1週間後まで待てない、という人が多くいます。

そのようなニーズに応えるように近年では、早期妊娠検査薬が人気となっています。

最初からよくよくここまで読んで下さった方にはピンと来ますよね。

通常のタイミングよりも早く、生理予定日当日や数日前に妊娠検査薬を使用出来るものです。

そしてこれを通常よりも早く検査が出来ることからフライング検査と呼ばれるようになったようですよ。

フライング検査はいつ出来るの?



さて、そんな妊娠検査薬を使用してのフライング検査に興味のある人が気になるところはやはり、いつ検査が出来るのか?ということです。

妊娠検査薬によって違いがありますが、多くは生理予定日当日というものが多くあります。

そして、生理予定日よりも前のものもあり、生理予定日3〜4日前であったり中には7日前なんて驚きのものもありますよ

フライング検査は信用できる?



もともと、妊娠をしたことが分かるHCG濃度が高まるタイミングを狙って妊娠検査薬は使用されていました。

ですから、どれだけ研究が進んだといっても高い信用を得ているのでしょうか、若干の不安が残りますね。

不安な気持ちは妊娠について現実的に考えている女性にはあまり良くない感情です。

どうせ早期妊娠検査薬を使用するなら、フライング検査をするならば「安心」が欲しいですよね。

今はひと昔前のように薬局で気軽に妊娠検査薬を購入することが出来ないことをご存知ですか?

最近、薬局に行っても見かけることがないことに気付いていますか?

2009年の薬事法の改定の際に妊娠検査薬についてのルールも変わり、店頭には置かれてなくなり、目につくところにないことで販売自体がなくなったと思っている女性も多くいるのです。

しかし、薬局での購入は出来ます。

ただ、名前と住所、電話番号を記入してからの購入となりただでさえ購入し辛かったものが余計に購入しにくくなってしまいました。

そんな背景もあり、今や妊娠検査薬やインターネット経由で購入する人の増加が見られています。

大手の妊娠検査薬だけでなく、海外製なども購入出来るようになりたくさんの種類から自分の欲しい妊娠検査薬を手に入れるのです。

そこで、妊娠検査薬を使用する人のニーズを呼んだ妊娠検査薬、そう早期妊娠検査薬の売れ行きが好調のようです。

信用についても、これだけたくさんの種類の妊娠検査薬がありますので千差万別で、クチコミなどを参考に購入を検討することをお勧めしますよ。

安心しながら使用が出来るように、今まで使用してきた人の意見を参考にしましょう。

フライング検査のできる妊娠検査薬は?



では、フライング検査で有名な妊娠検査薬についてご紹介します。

アクラスから販売されている、有名ですね「チェックワンファスト」

妊娠検査薬経験者の人が多く使用したことのあるもので、1回用が1000円程、2回用が1500円ほどで購入することが出来ます。

そチェックワンファストは生理予定日当日から使用可能ですが、体調などの理由で排卵が遅れたなど、生理予定日当日に検査をしても陰性反応だったけれど、それから数日後に検査をすると陽性反応を示すこともありますから、2回用はとても便利です。

生理予定日4日前から使用出来るのは、「ドクターズチョイスワンステップ妊娠検査薬」です。

生理予定日4日前に使用して判定率は5割を超えます。

1日ずつ生理予定日に近づくに連れて判定率は上がっていき、生理予定日当日まで来ると99%です。

主にインターネットで購入することができ、1回あたりの使用料金が200円ほどと格安で人気急上昇ですよ。

️とにかく早く妊娠を知りたい!フライング検査のやり方



フライング検査はとにかく早く妊娠の有無を知りたい、結果を知りたい!と思っている女性に好まれていることで、フライング検査という言葉が浸透してきました


忙しい現代に生きていて、ゆったりとした気持ちで日々を過ごせないことも要因の一つかもしれませんね。

結婚をし、自然に妊娠をするのを待っている女性ならば、慌てて結果を知ろうとする人は少ないはずです。

まずは、現代を生きる女性の中でフライング検査をおすすめするタイプの女性をご紹介し、合わせてフライング検査のやり方についてお伝えいたします。

フライング検査をおすすめする女性



一言で現代を生きる女性と言っても様々な状況で過ごす女性がいます。

これからご紹介する女性はフライング検査をおすすめする女性なので、反対から見てみるとフライング検査を避けて欲しい女性もいるということです。

避けていただきたい女性については後述させていただきますね。

まず、日頃の生活がとても体力を使うような毎日を送っている女性は、妊娠について気を付けていなければなりません。

妊娠中には激しい動きは控えたり、お腹の中の赤ちゃんの為にも安静を意識した生活をしたいですよね。

出来るだけ早い段階で妊娠していることに気付くことで、生活を見直し妊婦としての生活に変えていくことが出来ます。

また、普段から持病があったり薬を服用している人は妊娠の有無は気になるところですよね。

妊娠中には服用出来ない、服用を避けた方が良い薬が多くあります。

しかもそれは妊娠初期がとっても重要なのです。

女性を守るため、新しい命を守るためにフライング検査に挑戦して欲しいですね。

そして、妊娠をしてもそのまま出産になる人はいいのですが、「今妊娠しても産める時期ではない」などと出産をするかどうかを決めなければならない、考える時間が欲しい人には少しでも早く結果を手に入れましょう

未来を司ること、あなたの将来に関する大きな出来事ですから、悩む時間が多い方がいいですよね。

このような女性たちにはぜひ早期妊娠検査薬を使用してのフライング検査をおすすめします。

フライング検査のやり方



フライング検査をする際には、通常(生理予定日1週間後から可能)の妊娠検査薬ではなく、早期妊娠検査薬を使用しましょう。

妊娠検査薬が反応を示すHCG濃度にことを考えると、反応が出来るすれば早い人で排卵から7日目、生理予定日から7日目前くらいでしょう。

フライング検査と呼ばれるくらいですから、今ここでやり方についてご説明をしていますから、正しいとやり方ということではありませんよ。

個人差や早期妊娠検査薬の性能などを考慮した上での可能性も視野に入れた話しだと認識していただけるとありがたいです。

話を元に戻し、初めての妊娠検査薬で陽性反応が出なかった場合には次の日、または1日置きくらいで再度フライング検査を行います。


陽性反応が出る、もしくは生理が始まるまでの間検査を繰り返すのがフライング検査のやり方です。

フライング検査を行うと、陽性反応が出た際に映る線がはっきりしたものではなく、薄い線として何となく浮かび上がることがあります。

繰り返しフライング検査を行うことで、この線が濃くなっていくようでしたら妊娠
確実なものとなっていくのです。

しかし、薄い線のままであったり完全に映らなくなった場合には、その線は「蒸留線(後述します)」であったり、化学流産を表しています。

フライング検査を行わない人は化学流産をしていても気付くことがありません。

化学流産とは受精はしたけれど着床は出来ていないもので、自然に流産してしまいますから普段生活をしていて流産をしても気付かないものです。

フライング検査によって化学流産に気付いてしまい、悲しい思いをしてしまうことでフライング検査へは今でも賛否両論あります。

それでも、フライング検査によって有意義な結果を得られる人もいますし、可能な限り早く妊娠の有無を知ることで赤ちゃんを守ることができます。

必要だと思える人は、こちらのやり方を参考にしてくださいね。


️フライング検査をする際の注意点!不妊治療中の方にはストレスがかかる可能性が



妊娠をしていることが早く分かれば、助かる女性もたくさんいます。

しかし、フライング検査には良いことばかりでないことはここまで読んで下さった方には想像がつきますよね。

フライング検査をする際の注意点についてまとめますので参考にしてください。

・費用がかかる
・精神的ストレスがかかる

・不妊を助長してしまうことも



最近ではフライング検査をする際に、海外の早期妊娠検査薬を使用している人が増加しています。

それは種類が多いことも去ることながら、値段が安いからです。

海外の妊娠検査薬は日本製のものと比べて小さかったり薄かったり、そして本数がたくさん入っています。

1回あたりの使用料が数十円というものもあります。

いつ妊娠するか分からない、フライング検査何日目で結果が出るか分からない、そんな時に1回あたり1000円もかかる妊娠検査薬は避けたいですよね。

それでも費用がかかることは間違いありません。

いざ、妊娠をして出産、子育てとお金がこれからかかる時に不必要な費用を掛けたくないと思う女性には負担が大きなものになります。

そしてフライング検査は思いの外、精神的ストレスがかかります。

ワクワクしたりソワソワしたり、がっかりしたり期待をしたり、落ち着いた気分で生活する期間が減ってしまいます。

フライング検査をしている間もドキドキと落ち着きなく、ソワソワしているだけなら問題ありませんが、イライラしてしまったりすると雰囲気が悪くなってしまうこともあります。

これから喜びを感じようとしているのに、ストレスでイライラしてしまっていてはフライング検査をする必要はなく、そのような女性には方法として合っていなかったと思って即、やめた方が良いですね。

フライング検査でなくても、生理予定日1週間後にははっきりとした結果を知ることが出来ますから、笑顔で過ごせるように心掛けることが重要ですね。

また、フライング検査は不妊治療をしている女性はしない方が良いとされています。

出来るだけリラックスした気持ちでいなければなりませんよね。

フライング検査をすることによって、リラックスした気持ちとは無縁になってしまいます。

妊娠をしていないことで落胆してしまったり、フライング検査をしている数日がとてつもないストレスになることで、不妊を助長してしまうのではないかと言われています。

避妊治療に取り組まれている方はフライング検査をする際にも、落ち着いた気持ちを継続させることを意識してくださいね。

️妊娠検査薬の結果が変わるって本当?陰性で勘違いしてしまう人もいる蒸発線について



フライング検査での妊娠検査薬での結果が変わることがあります。

先にも少し述べたことですが、詳しくご紹介します。

妊娠検査薬によって妊娠の有無への結果が変わることは実はとても重要なことですよね。

一喜一憂しないようにも、妊娠検査薬の性能についても知ることが出来ますので読み進めていきましょう。

蒸留線について



妊娠検査薬には窓が2つあり、1つは検査終了のサイン、そしてもう1つは妊娠をしているという陽性反応を示す窓です。

窓に線が現れたら妊娠している可能性大ですよ、という窓です。

繰り返しますが、陽性反応がある場合には尿中のHCG濃度が早期妊娠検査薬では25mIU/mL、通常の50mLU/mLで反応を示します。

この濃度が薄いと、フライング検査では良くあることなのですが陽性反応を示す窓にほんのうっすらと薄い線が出ます。

これが次第に検査を続けることで濃くなってくると妊娠確実になってくるのですが、この薄い線が陽性反応で現れたものではなく、「蒸留線」だという場合があるのです。

勘違いしやすい線で、陽性反応が薄くでも出たことで喜ぶ女性もたくさんいますよね。

しかし、実は蒸留線だったのか…とがっかりしてしまう結果が待っていることがあることを覚えておきます。

蒸留線とは、妊娠検査薬に吸収させた尿が蒸発する際に現れるものです。

検査結果を待つ間に少しずつ現れてきますので勘違いしてしまっても当然かもしれませんね。

陽性反応が薄い場合には、ぬか喜びにならないように気持ちを落ち着けて検査をまた後日してみることをおすすめしますよ。

化学流産について



先ほども触れましたが、自然に痛みも出血もなく流産をしてしまうことが女性にはあります。

受精はしたけれども着床はしなかった、となると体の中で処理がきちんと行われ、普段生活をしている中で化学流産をしていることに気付くことはまずありません。

しかし、化学流産に気付いてしまうのがフライング検査をしている女性なのです。

陽性反応が出た時には確かに受精をして体は妊娠している状態です。

しかし、数日経つと陽性反応はなく妊娠していたことは跡形なく消え去っているのです。

通常の妊娠検査薬では気付くことはありません。

化学流産は、それまでに行われているものですからフライング検査をしている人しか気付くことはないのです。

妊娠した!と喜んでも、化学流産をしてしまったら悲しい思いをしなければいけません。

化学流産を知らない人は妊娠検査薬の的中率を疑いますが、そうそうおかしな結果をもたらす妊娠検査薬が売られていることもありません。

陽性反応から陰性に反応が変わってしまったら、化学流産を疑いましょう。

妊娠検査薬は陽性反応が出れば間違いなく妊娠していると言われますが、実はこのようなことによって結果が数日の内に変わってしまうことがあるのです。

これから妊娠を待つ方、フライング検査に興味のある方、よく理解をした上で使用をしてくださいね。

1回の反応に歓喜するのではなく、数回検査をすることで信頼を得ていく、妊娠している事実を確かなものにしていく、という心構えをおすすめしますよ。


妊娠検査薬ってやっぱり日本製がいいの?海外製と比べてみよう!



日本人には日本製神話があり、海外製品よりも日本製のものの方が性能などが高いと思っているところがあります。

こちらでは妊娠検査薬についてですが、家電などは特にそのように感じてはいませんか?

海外のものだというだけで、壊れやすい、適当に作られている、保証がない、説明書が日本語でないので読めないと思ってはいませんか?

今は昔のように薬局で簡単に手に取り購入出来る時代ではありません。

わざわざ名前などを記して購入することを考えれば、インターネットを活用してたくさんの種類から選ぶのも賢い方法です。

日本製の妊娠検査薬はやはり信用があります。

会社や妊娠検査薬の名前は私たちにとってポピュラーなものですから安心感もありますよね。

先輩方が使用してきたものという信頼感があります。

しかし、フライング検査を一般的に行うようになってからは、早期妊娠検査薬の種類の多い海外製の妊娠検査薬も注目されています。

注目されているからこそ、性能などについての口コミも数多く見ることが出来るようになっています。

海外製の妊娠検査薬を使用した人の口コミをご紹介しましょう。

両方使ってみました!



妊娠検査薬を色々と探しているところで、日本製の妊娠検査薬を使っていましたがやはり1回の使用で1000円近い費用がかかることで海外製の妊娠検査薬も思い切って購入をしました。

海外製のものは何となく、本当に漠然と信用出来ないと思っていたのです。

私が購入したのは1回の使用で100円ほどのものです。

ある日、海外製の妊娠検査薬を使用した際に陽性反応が見られました。

嬉しくて信じられない思いがしました。

本当に妊娠をしたのかどうかを残っていた日本製の妊娠検査薬でも試したところ、しっかりと同じように陽性反応が見られ、どちらも信用出来るものなのだな、と感じました。

フライング検査をしない、妊活中でない人は多くを消費しないので日本製でも良いと思いますが、たくさん数が欲しい人には費用を抑えるためにも海外製のものも活用することで費用を抑えることができます。

海外製だからと言って、何か大きな欠陥があるとったいったことはありません。

中には排卵検査の出来るキットがセットになっていたり、嬉しい特典もありますよ。

ただ、海外からの発送となることもありますから、必要になる日を逆算して購入を検討しましょう。

注文から手元に届くまでに1週間ほどかかる場合もあります。

さて、いかがですか?

実際に海外製の妊娠検査薬を使用した女性の口コミです。

この女性は日本製の妊娠検査薬も使ったということで、迷っている人には貴重な情報ですよ。

日本製と海外製の違いは何?



それでは今やどちらもインターネットを活用して気軽に購入出来るようになったものですので、比較をしてみましょう。

妊娠検査薬と言っても国毎に特徴がありますよ。

まず日本製の妊娠検査薬はスティック状になっており、数秒間(3〜5秒ほど)尿をかけるだけで99%の正確性を持っていると言われています。

そしてアメリカ製の妊娠検査薬も人気がありますよ。

アメリカ製の「ラッキーテスト」や「エーチェック」は、アメリカ医薬品局に認可されているだけでなくEU認証も取得済みです。

医療機関でも使用されているものですから信用が出来る妊娠検査薬です

価格も安く10回分で約990円ほどです。

次は中国製の妊娠検査薬についてです。

中国製といっても中国で生産されているということで、製薬会社はアメリカであったりカナダですから、また印象が変わってくるのではないでしょうか。

こちらはアメリカ製のものよりもリーズナブルで20回分で1350円ほどですから、いつ子宝に恵まれるかは神のみぞ知るですし、フライング検査をする女性には嬉しい情報ですね。

そしてEU製の妊娠検査薬は陽性反応がHCG濃度20mIU/mLで得ることが出来ます。

これは驚きですし、検査制度は99%だと謳われています。

生理予定日2日前から使用可能となっていますが、夢の7日前にも検知しそうですね。

費用について考えても、海外製の妊娠検査薬を試してみようかなと思ったらぜひ挑戦してみてください。

決して陳腐なものではなく、しっかりとした製薬会社が生産しているものですから信用に関しては問題ありませんよ。

しかし、輸入になりますから説明書が日本語でも記されているのか使用期限などについての表記にも充分に注意して購入を決めてくださいね。

購入したは良いけれど、正しい使用方法が分からないとなると、素晴らしい製品の価値が台無しになってしまいますね。


️妊娠検査薬は朝?夜?結果に違いはある?



妊娠検査薬を使用する際に、気になることとしたら朝使用したらいいのか、それとも夜の使用の方が良いのかということです。

イメージとしては朝の尿を活用することで濃い情報を妊娠検査薬に与えられるような気もしますし、尿検査と言えば朝一だと思うところもあります。

その結果に違いはあるのでしょうか?

先輩ママさんに朝一の尿をおすすめされたこともあるという女性もいそうですが、そこの所をはっきりさせていきましょう。

さて、妊娠検査薬が陽性反応を示す際にはHCG濃度が一定よりも濃い場合だということは散々ご説明をしてきました。

妊娠をすると多く分泌さえる妊娠ホルモンとも呼ばれているものです。

もし仮に妊娠検査薬を使用する際に、朝と夜とでは結果が違ってくるとしたら、このHCG濃度に違いがあるということになります。

この妊娠ホルモンは妊娠を無事に継続させる為にも絶対的に必要なホルモンですので、朝が多くて夜には少なくなる、といった現象が見られないのです。

ということは、妊娠検査薬を使用しての検査は1日を通していつでも結果は同じということになります。

ただ、濃度ではありませんが妊娠検査薬を使用する際にはある程度の尿量が必要になってきます。


直接妊娠検査薬に尿をかける際には3〜5秒間かけ続けなければなりませんし、紙コップなどに取ってそこに妊娠検査薬を浸けるとしてもある程度必要ですよね。

朝一の尿量が少ないということはありませんから、間違いなくたくさんの尿を準備しようと考えると朝一がいいのかもしれませんね。

あながち、先輩ママさん達からの助言は間違っていない、という結果になりました。

️待ちきれない!妊娠検査薬は生理予定日7日前からフライングOKのまとめ



妊娠したかも?と感じたら居ても立っても居られないいられない女性がほとんどです。

待ちに待った妊娠、今妊娠いたことが分かれば深く考えなければならない場合など、どのような状態であっても、早く結果を知りたいと思いますよね。

そこで、妊娠検査薬について様々な角度から見てご紹介してきました。

あなたの欲しい情報をたくさん取り入れ、これから妊娠検査薬を使用する方のお役に立てれば幸いです。

最近の妊娠検査薬には早期妊娠検査薬と呼ばれるものがあり、早い人で生理予定日から7日前に陽性反応が出ることもあります。

これまでの生理予定日1週間後までモヤモヤした気持ちで待つ必要もなく、心の落ち着きを早く取り戻すことが出来ますよ。

あなたに合った妊娠検査薬に出会えることをお祈りしております。


★筆者プロフィール★
****************************************
ペンネーム:春森 桜(sakura harumori)

f:id:childtrendsdatabank:20170727195001j:plain
3児の母/子育て奮闘中
30代半ば女性 岡山県

*****************************************

当ブログはオムニバス形式で、妊活中の女性や、リアルタイムでつわりを体験している妊婦さん、出産を経た先輩ママたちが、執筆しています。実体験に基づく貴重なエピソードや、妊活の成功体験から、授かりの秘訣やノウハウを提供致します。

運営:copyright@あんしん認証合同会社