効かない治らない

効いた人・治った人から教えてもらえるパーフェクト健康バイブル

誰にも聞けない「子作り」のこと!子作りの方法や気になることを徹底解説!②

 

子作りにベストな時期とは?

「子作り」のベストな時期について考えたことはありますか? 時期と言えば様々な方角から捉えることが出来ますが、その多くのことについて考えることが重要なことなのです。 何歳くらい?結婚してどのくらい経ってから?貯金がいくらになってから?などの時期も考える必要があります。 また、赤ちゃんが生まれる季節を考えて「春産まれがいいなぁ」と思えば5~6月くらいが子作りにベストな時期だと言えます。 時期について考え、理想通りにはならなくてもたくさんのことを考え、最適だと思うことをその都度選択をしていきましょう。 ちなみに、多くの人が思う時期についてご紹介をしておきますので参考にしてくださいね。 年齢については、子供の運動会で親子競技が難なく出来るだろう年齢を想定しましょう。 子育てには体力が必要です。 分かりやすい例を出せば、子供の運動会ですね。 保護者対抗リレーなどの競技に抵抗なく出られる年齢だと、それほど体力について悩むことはありませんよ。 そして、結婚をしてすぐに「子作り」をしたい人と少しは二人の新婚生活を送りたいと思う人、これが夫婦で意見が合わないとトラブルの元になります。 しかし、多少は新婚時代を二人で謳歌してもいいと思いますよ。 今しか過ごせない時間、次に二人の時間を堪能するのは子供達が巣立った後なのです。 また、貯金についても心配だという方は多く、貯金だけでなく収入に悩みがあることで「子作り」が出来ないという夫婦もたくさんいます。 子供が産まれたら、お金がなくても行政の支援などで何とかは生活が出来るものです。 しかし、それでは産まれてきた子供に何不自由なく生活をさせる、他の人と同じ経験をさせる、十分な教育を受けさせることが難しいこともあるという調査結果もありますよね。 仕事をしていないということはもっての外ですが、毎月決まった収入がある、3〜4ヶ月無収入でも生活の出来る貯金はあった方が安心ですよね。 女性は、妊娠・出産によって働きに出られないことも考慮してお金についてもしっかりと計画的に考える必要がありますよ。 そして、赤ちゃんが産まれる時期を選べるとしたら、朝夜の寒暖差も少なく気候の良い春や秋が好まれる傾向にありますが、こればっかりは親としての考え方が大きく反映されやすいですね。 妊娠中に夏という蒸し暑い時期を大きなお腹で過ごしたくないなどと現実的なことを考える女性も多いでしょう。 お住まいの気候なども考慮して、時期についての検討をしてみてくださいね。 しかし、時期については望み通り100%の妊娠というものはありませんから「こんな感じだったらいいなぁ」程度に考えていましょうね。

 

男性にもできる子作り成功の秘訣

こちらの記事を読み進んでくださっている方はほとんどが女性でしょう。 筆者も女性目線でまとめさせていただいていますが、「子作り」は女性だけで完成させることは出来ません。 当然ですが、そこには男性の力も必要でスムーズな「子作り」には男性の努力があるとより効果的だと言われていますよ。 男性のできる「子作り」の成功の秘訣は、受精するために元気な精子に成長させることです。 そのために、生殖機能を低下させるような行動はこの機会に控えてもらうようにしませんか? ・喫煙 ・飲酒 ・体(特に下半身)を温める これらを控えてもらう代わりに日常に取り入れて欲しいこともあります。 ・亜鉛の摂取 ・適度は運動 ・夫婦のスキンシップ 精液の中に亜鉛が含まれていることはご存知ですか? その亜鉛が体内で不足してしまうことで、精子に悪影響を及ぼしてしまうのです。 精子の生産量が減少し、妊娠力が低下してしまうことで「子作り」を成功させにくくなります。 「子作り」は男性には体力勝負となります。 自分の性欲だけで事が進むわけでない局面もやってきます。 可愛い天使を迎え入れるために、体力を消耗させることもあります。 そのために適度な運動をし体力作りをしながら「子作り」に励みましょう。 格好いいお父さんになるためにも今から運動をしてみるのも素敵ですよ。

男性が子作りに不協力な場合、最悪離婚に…

当たり前の話しをしますが、パートナーである男性が「子作り」に非協力的な場合、赤ちゃんを授かることは出来ません。 当然の話しです。 そして、「子作り」についてあなたとの方針が違うことで、最悪離婚というケースも少なくありません。 好きな人と結婚したい、好きな人の子供を産みたいと願望を持っている女性は多くいます。 しかし、現実的なお金の問題や男性が感じる「甲斐性」によって「子作り」に協力してくれない男性もいるのです。 あなたのパートナーは大丈夫ですか? ここまで二人で愛し合って関係を深めてきたけれど、「子作り」という考え方などの壁によって一瞬で関係を崩れてしまうこともあります。 また、セックスレスという問題も浮き彫りになることもありますよね。 セックスレスは感情の問題ではなく、もっと深い心の問題である場合もあります。 ここで浮き彫りになった問題から目を逸らさないことで、これからの二人の「子作り」問題に決着をつけることになるのです。 信頼関係をここまで築いてきたのですから、未来にことについて突き詰めて考えるべきだと腹を括り、二人で話しあっていきましょう。 「子作り」のタイミングや時期についてはそこから、ということになりますが、無理矢理「子作り」ができるものでもありませんから、焦りは禁物ですよ。

 

 

 

続きはこちら^^↓↓

www.childtrendsdatabank.org

 

当ブログ妊活情報部門はオムニバス形式で、妊活中の女性や、リアルタイムでつわりを体験している妊婦さん、出産を経た先輩ママたちが、執筆しています。実体験に基づく貴重なエピソードや、妊活の成功体験から、授かりの秘訣やノウハウを提供致します。
また、アンケート等の回答結果はすべて個人の感想です。経験者一人ひとりの体験に基づく、十人十色の内容が投稿されています。予めご了承ください。

当ブログ外耳炎情報部門は、ステロイドで一時的に治ってると思い込んでいる人、再発してる人、の『役に立たない方の情報』ではなく、長期に亘って、慢性的な耳のかゆみが再発していない当事者本人の最新の人体実験結果を掲載しています。あたりさわりのない情報は書きません。一生かゆみの奴隷になるのが嫌な人、あの地獄の苦しみから自由になりたい人だけ読んでください。



copyright@あんしん認証合同会社  運営者情報