効かない治らない

効いた人・治った人から教えてもらえるパーフェクト健康バイブル

誰にも聞けない「子作り」のこと!子作りの方法や気になることを徹底解説!④

 

この機会に禁煙・禁止

赤ちゃんにとってタバコとお酒が良いものでないことは皆さん知っていることです。 妊娠をしたら禁煙・禁止をしなきゃな〜と思っている女性は「子作り」の段階で挑戦しましょう。 できることならば、禁煙・禁酒が完了してから「子作り」に移行していただきたいのです。 というのも、妊娠が発覚してから禁煙・禁酒をしようと思っている方、良く考えてみましょう。 妊娠が分かった状態では、もうお腹には赤ちゃんがいますよ。 まだまだ小粒かもしれませんが、それでもそこに命があるのです。 ほんの数週間でも、お腹に赤ちゃんがいる状態でタバコを吸った、お酒を飲んだということは、出産をして元気な赤ちゃんの姿を確認するまで「大丈夫だろうか」と心配し続けることになります。 これは、妊娠期間を楽しく過ごすことができない、ということで後ろめたい気持ちを抱いていることに繋がるのです。 また、禁煙をすることによって妊娠率がアップするとも言われています。 タバコの害は生殖機能である卵巣に悪影響を及ぼすのです。 「子作り」に取り掛かり、すぐにでも赤ちゃんにやってきてもらいたいならば、妊娠前に禁煙・禁止を目指しましょう。

赤ちゃんのためにもあなたのためにも葉酸を取り入れよう

「子作り」中、妊娠中、授乳期に葉酸がいいよ!という話しは聞いたことがありますか。 葉酸サプリなども手軽に購入することができ、たくさんの方が摂取しています。 そんな葉酸を「子作り」をしながら取り入れることで、これからやってくる赤ちゃんやあなたのためになることばかりで、取らない理由がないほどです。 葉酸は、赤ちゃんの先天性の奇形の割合を減少させる働きがあると、厚生労働省が摂取を推奨しています。 神経管欠損症といった先天性の予防をしてくれるので、細胞分裂を繰り返す妊娠初期に葉酸は取っておくべきです。 また、妊娠をすると母体の血液は薄くなり貧血に悩まされることがあります。 この貧血を予防する働きが葉酸にはありますよ。

薬についての影響を知ろう

では、妊娠前の準備としてぜひしておいて欲しいことの最後は、薬についてです。 あなたは普段から継続して摂っている薬はありますか、また常備薬として持ち運び、頓服としてなどの用途で飲む薬はあるでしょうか。 持病がある方や、頭痛持ちや凝り持ちなどの人は「子作り」を始める前に薬の影響について理解を深めておきましょう。 かかりつけの医者に相談をしてみるのが最も安心できる方法ですよ。 妊娠中には薬はダメ!と言われているけれど、中には胎児には影響のない薬もありますし、そのような薬に代用する案も出してくれるはずです。 薬はとっても素晴らしいものです。 あなたを健康に近い状態にし、苦痛を和らげ笑顔にする効果が絶大です。 しかし、その薬を飲み続けてもいいものなのかどうか、その薬によってどのような影響が出るのかについて理解を深めるきっかけにしてください。 そして安心して「子作り」に取り組める環境を整えてくださいね。

 

子作りのコツは?方法を学んで妊娠率アップ!

噂の域から科学的証明のあるものまで、巷には数多くの「子作り」のコツが溢れております。 たった1回の「子作り」で妊娠するならば、こんなにも多くのコツが出回ることはありませんし(中にはたった1回でということはもちろんあります)、何度か、何度も挑戦することで目的を達成させることになります。 ただ単調に「子作り」をしていたら気持ちが滅入ってしまいますし、それは精神的にもあまり良くありません。 そこで、こちらの噂なのか科学的証明がなされているのか?というコツを試しながら「子作り」に取り組みませんか? 真面目に「子作り」をしていると、愛し合う2人の行為として価値を下げてしまうことにもなりかねません。 「子作り」が成功をしても、これから夫婦としての営みは続きますし、繁殖という意味だけを持つ行為では寂しすぎます。 人間には多くの感情があり、その感情によって行動を起こします。 営みについても同じことが言えますよね。 愛しているからこそ、愛して欲しいからこその行為、そして愛し合っているから「子作り」を目指すのです。 この導線を見逃してしまうようなことがあると「子作り」という単調な作業になってしまい、いつしか苦痛を伴ってしまうかもしれません。 そこで、様々なコツを取り入れることで会話を増やし、新しいことに挑戦する2人という関係が新たに出来上がります。 そして関係も深まり、同じ目標に向かって走っている!という思いを共有することも可能です。 多くのコツをお伝えしますので、ぜひ楽しみながら参考にしてくださいね。

営み後に逆立ち!

営みが終わり精子が放出されたら、すかさずに逆立ちをしましょう。 精子をこぼさないように、卵管に向かって行けるようにするのです。 逆立ちはなかなか…という女性は腰の下にクッションなどを入れて腰の位置を高くするだけでも十分です。 科学的根拠はありません。 しかし、しないよりはした方がマシなレベルですから、「子作り」の一つの方法として取り入れてくださいね。

禁欲をして排卵日に!

禁欲と書きましたが、禁欲をするのは男性です。 妊娠しやすいタイミングは女性の排卵日付近だという話しはしましたね。 排卵日がいつくらいになるのかを計算し、それまでの数日から10日ほどの間禁欲をすることで、精子の質が高まるという噂があります。 じつはこの噂は本当ではなく、質は溜められたものよりも新しく出来たものの方が良いというのです。 この噂には振り回されずにいることが大事ですが、数日の禁欲くらいですと精子に問題は起こりませんから、あなたへの愛情や体も欲求を高めるためにも時々やってみてもいいかもしれない方法です。 これも根拠はありませんが、赤ちゃんはやはり愛し合っている2人の元にやってきたいと思っているのではないでしょうか。 打算や義務で「子作り」をするよりも楽しく燃え上がる愛情で「ママとパパはここだよ!」と示して欲しいですね。

 

 

続きはこちら^^↓↓

www.childtrendsdatabank.org

 

当ブログ妊活情報部門はオムニバス形式で、妊活中の女性や、リアルタイムでつわりを体験している妊婦さん、出産を経た先輩ママたちが、執筆しています。実体験に基づく貴重なエピソードや、妊活の成功体験から、授かりの秘訣やノウハウを提供致します。
また、アンケート等の回答結果はすべて個人の感想です。経験者一人ひとりの体験に基づく、十人十色の内容が投稿されています。予めご了承ください。

当ブログ外耳炎情報部門は、ステロイドで一時的に治ってると思い込んでいる人、再発してる人、の『役に立たない方の情報』ではなく、長期に亘って、慢性的な耳のかゆみが再発していない当事者本人の最新の人体実験結果を掲載しています。あたりさわりのない情報は書きません。一生かゆみの奴隷になるのが嫌な人、あの地獄の苦しみから自由になりたい人だけ読んでください。



copyright@あんしん認証合同会社  運営者情報