効かない治らない

効いた人・治った人から教えてもらえるパーフェクト健康バイブル

誰にも聞けない「子作り」のこと!子作りの方法や気になることを徹底解説!⑤

 

子作りの頻度について

さて、「子作り」についてここまででも多くのことをご紹介してきましたが、ここでは頻度について詳しく見ていきましょう。 「子作り」の頻度についても様々な噂や憶測、経験者の体験談などが出回り、本当はどれが好ましいの?と疑問に感じている人も多いかもしれませんね。 スムーズに妊娠をするためにも、「子作り」が作業的にならないためにも重要な項目でもあります。 タイミングや時期については先にお話をしましたので、そこと合わせて頻度についても考えていきましょう。

毎日がいいの?1日置きがいいの

この話し、多くのところで議論にもなっていますので「子作り」について考えたことのある人は一度は聞いたことがあるのではないのでしょうか。 「子作り」をする際には営みを毎日するべきか、1日置きにするべきかということについてです。 毎日派の意見としては、タイミングや時期などについての説明は分かるけれど、その通りに行くことばかりではない、ということです。 そうですね、女性の体は自分でコントロールが出来ることではありませんし、生理が遅れた!早く来た!といった経験は誰でもしたことがあります。 ということは、それは排卵がいつもとはズレている、ということです。 排卵は生理の14日前に行われています。 そして一般的には排卵の14日前に生理が始まります。 このように28日周期で生理と排卵を繰り返し、妊娠する奇跡を待っています。 中には25日周期、30日周期の女性もいます。 28日周期でなくても、毎月決まった周期で回っているのでしたら問題はないのですが、いつもよりも早かった、遅かったというのは体に不調を来している証拠です。 疲労が溜まっていたりストレスが溜まっているとこの周期が乱れることがありますし、季節の変わり目でいつも乱れる、という女性の話しも聞いたことがあります。 そのくらい簡単に周期は乱れるので、タイミングや時期を見ていても仕方ないから「子作り」をしている時には毎日の営みで妊娠率をアップさせたらいいじゃないか!ということなのです。 一方、1日置きというのは実は半分は男性の意見が入っているようですよ。 禁欲の項目でもお話をしましたが、営みの間を少しでも開けることで精子の量が多くなる、質が良くなると信じられてきました、今でもそう信じて疑わない人もいます。 しかし、これには科学的根拠もなく、それどころか排出されて再び新しく製造された精子の方が質が良いとも言われています。 何と言っても、毎日は辛い…という低い声が聞こえてきそうですね。 付き合い始めたばかりのカップルではない、覚えたての猿でもありませんので相当の体力自慢でなければちょっと難しいですよね。 そこで妥協して1日置きに、という意見が出てきました。 個人差もあるのでしょうが、毎日精子を製造させると量が減っているような気がする、義務でしている気がして辟易するという意見もあります。 1日置きにすることで、体の休息や気持ちのリフレッシュが行われて、新鮮な気持ちで「子作り」に励むことができるというのです。 この問題に決着を付けるとするならば、医師も口を揃えて言われることがあるのですが「妊娠は確率」の問題だということです。 ということは…? 毎日出来るならするに越したことはありません。 毎日「子作り」に励んでも精子の質は変わらずに問題がないということですから、妊娠の確率をアップさせるためには毎日した方が良いということになりますね。 排卵日予定の2〜3日前から毎日することで妊娠率アップにはなるという答えをここで出しておきますね。 後は体力や営みに対する考え方を話し合いましょう。

 

 

続きはこちら^^↓↓

www.childtrendsdatabank.org

 

当ブログ妊活情報部門はオムニバス形式で、妊活中の女性や、リアルタイムでつわりを体験している妊婦さん、出産を経た先輩ママたちが、執筆しています。実体験に基づく貴重なエピソードや、妊活の成功体験から、授かりの秘訣やノウハウを提供致します。
また、アンケート等の回答結果はすべて個人の感想です。経験者一人ひとりの体験に基づく、十人十色の内容が投稿されています。予めご了承ください。

当ブログ外耳炎情報部門は、ステロイドで一時的に治ってると思い込んでいる人、再発してる人、の『役に立たない方の情報』ではなく、長期に亘って、慢性的な耳のかゆみが再発していない当事者本人の最新の人体実験結果を掲載しています。あたりさわりのない情報は書きません。一生かゆみの奴隷になるのが嫌な人、あの地獄の苦しみから自由になりたい人だけ読んでください。



copyright@あんしん認証合同会社  運営者情報