効かない治らない

効いた人・治った人から教えてもらえるパーフェクト健康バイブル

『旦那のリアクションが楽しみ(๑˃̵ᴗ˂̵)و』妊娠サプライズ報告の方法まとめ③(検査薬を出す)

スッとさり気なくあれを差し出してみよう

 
旦那さんにサプライズ妊娠報告をするのは言葉だけではありません。
 
妊娠を表すとっておきのグッズを活用しましょう。
 
そう、妊娠の陽性反応にあなたも驚かされた妊娠検査薬です。
 
まず、この方法でサプライズ妊娠方法をしたいな!と思っている女性は妊娠検査薬を使用する段階からの注意が必要です。
 
・妊娠検査薬を購入したことがバレないこと
・妊娠検査薬を使用した後、無造作に箱を捨てないこと
・使用済み、陽性反応済みの妊娠検査薬をしっかりと隠すこと
 
この3つのどれかが旦那さんにバレてしまっては、サプライズ計画も水の泡です。
 
慎重に、旦那さんを最高級にハッピーにするために、報告をする時期やタイミングがおとずれるのを待ちましょう。
 
Bさんは、妊娠検査薬を手に持って、旦那さんにバレないところはどこだろうかと思案しています。
 
最終的に隠した場所は洗面所だそうですよ。
 
洗面所は旦那さんがものを探すために荒らすことがない、触ることがない場所だからだそうです。
 
うっかり見つかった、それはそれでサプライズですが時として思わぬ反応をもらってしまうことがありますから、サプライズはやはりあなた主導で行うべきですよ。
 
そしてある休みの日。
 
昼食が終わり、その日は家でゆったりとした時間を過ごしていました。
 
旦那さんが日頃の疲れなのか、ウトウトしています。
 
ここで、サプライズ妊娠報告は今しかない!とBさんは思いました。
 
隠していた妊娠検査薬を洗面所から持ち出し、お昼寝をしている旦那さんの横に置きます。
 
数十分後、旦那さんが目を覚ましまだ覚醒していない脳で必死に隣にある妊娠検査薬について解読しようとしている姿を眺めるBさん。
 
寝ぼけ眼で情報処理をする旦那さんの姿に愛おしいと感じたそうですよ。
 
そして、やっと理解できたのか、
 
「やったな!夢なのか現実なのか分からなかった!」
 
とおっしゃいました。
 
妊娠検査薬って何?という疎い旦那さんにはこの手のサプライズは成功させにくいので気を付けてくださいね。
 
日頃から妊娠や赤ちゃん、子育てについての会話のある夫婦は妊娠検査薬の反応についてなど、情報を旦那さんに仕込んでおくのもいいですよね。
 
どんどんと現実感を帯びてきた時の驚きとハッピーさは忘れられない感動に変わるはずですよ。
 

 

旦那様の生活スペースにこっそりと


サプライズ妊娠報告の第三弾実例は、旦那様の生活スペースにお邪魔してのものです。

どのようにサプライズをすればいいのか分からないという時にはとっても驚かせるのに効果的な方法です。

Cさんは生理が遅れていることに気付き、妊娠検査薬を使用して陽性反応を確認しました。

じんわりと判定窓に線が入るあのドキドキは今でも忘れられない感動です。

お腹の中に赤ちゃんがいるんだ、初めて知った時の感動はこんなにも深いものなのか!と心打たれたそうですよ

そんな妊娠を初めて知ったという感動、特別な思いを旦那さんにも感じて欲しいとサプライズ計画を立てました。

しかし、慎重派のCさんは妊娠が間違いだったらいけない、と思い産婦人科に出向き、検査をしてもらい「間違いなく妊娠していますよ、おめでとうございます」というお墨付きをもらいました。

安心していると、「これをどうぞ」とまだ粒のように小さな我が子の映ったエコー写真をもらいます。

「これをサプライズに使おう!」

Cさんは決意をし、エコー写真を大事にしまい家路を急ぎます。

Cさんの旦那さんは読書家です。

自宅には書庫にしている小さな空間ですが、旦那さんだけのプライベートな部屋があります。

たくさんの本と小さな机があり、その机の上には読み掛けの本が1冊。

綺麗にしおりが挟んでいるのを確認して、そのしおりを挟んでいるページの次のページにエコー写真を挟んでサプライズ妊娠方法の準備は完了です。

後は、自然に旦那さんの目にエコー写真を写すだけです。

旦那さんの日課でもありますから、その日の内にサプライズは起こりました。

夕飯を食べ終え、Cさんが後片付けをしていると書庫から、

「うぎゃーーー!」

という叫び声が。

これにはCさんも苦笑いです、思った反応と違いましたから。

しかし、急に本の中からエコー写真が飛び出して来たら、驚きは相当なものであり一瞬何か分からないものだったに違いありません。

その後は、書庫から飛び出て来た旦那さんが夕飯の後片付けを手伝ってくれたそうです。

まだまだ小さな我が子の写真を見て、感慨深そうに後片付けを手伝いなが「俺、頑張るからね」と言われた一言に思わず涙が溢れたとCさんは言っていました。

落ち着いてからは、「これが赤ちゃんの心臓」「この袋の中にいるんだよ」というエコー写真の説明を一生懸命に旦那さんは聞いてくれたそうです。

いつもは冷静で取り乱すなんてことのない旦那さんだったようなので、サプライズ妊娠報告は大成功といっても良いですね。

旦那さんの生活スペースを利用した妊娠報告で旦那さんの絶叫を聞いてみませんか?

 

 

続きはこちら^^↓↓

 

www.childtrendsdatabank.org

 

当ブログ妊活情報部門はオムニバス形式で、妊活中の女性や、リアルタイムでつわりを体験している妊婦さん、出産を経た先輩ママたちが、執筆しています。実体験に基づく貴重なエピソードや、妊活の成功体験から、授かりの秘訣やノウハウを提供致します。
また、アンケート等の回答結果はすべて個人の感想です。経験者一人ひとりの体験に基づく、十人十色の内容が投稿されています。予めご了承ください。

当ブログ外耳炎情報部門は、ステロイドで一時的に治ってると思い込んでいる人、再発してる人、の『役に立たない方の情報』ではなく、長期に亘って、慢性的な耳のかゆみが再発していない当事者本人の最新の人体実験結果を掲載しています。あたりさわりのない情報は書きません。一生かゆみの奴隷になるのが嫌な人、あの地獄の苦しみから自由になりたい人だけ読んでください。



copyright@あんしん認証合同会社  運営者情報