効かない治らない

効いた人・治った人から教えてもらえるパーフェクト健康バイブル

先輩ママに聞いてみよう!妊娠検査薬を使って陽性反応っていつどんな風に出たの?④

 

妊娠検査薬を複数回使った先輩ママはいますか?



妊娠検査薬を使用した先輩ママの中には、一度の妊娠に複数回妊娠検査薬を使うママがいます。

妊娠検査薬は1回使用すればそれで妊娠についてわかるのでは?と思っていた方でもつい何度も使ってしまうことがあります。

さて、それは一体どのような時なのでしょうか。

ママとしての気持ちが芽生え始めている、妊娠についての思いを感じられる瞬間であったりもします。

これからあなたも同じような体験をするかもしれませんし、もうしたかもしれませんね。

先輩ママの気持ちを覗きながら読み進めてください。

陰性反応であることに納得がいかない...



妊娠検査薬を使用した人が全て陽性反応だということはありません。

「妊娠してるかも?」「している気がする!」とのワクワクドキドキした気持ちをどう無くしたらいいのかわからないくらいに、陰性反応になると落ち込んでしまいます。

そんな女性は、陰性反応であることに納得がいかなく何度も妊娠検査薬に挑戦することがあります。

ある先輩ママは、妊娠をしている予感がいていましたが、生理予定日5日前の妊娠検査薬では反応なく、「おかしいなぁ」と感じていました。

特に霊能力があるというわけではなくても、母親になる人には時々不思議な勘が働くといったことがあり、この先輩ママも妊娠検査薬が陰性だったけれど妊娠を諦める気持ちにはなりませんでした。

早期妊娠検査薬を使用していたのですが、生理予定日当日から使うことの出来るものを準備し、生理予定日まで生理が来ませんでしたので、再チャレンジです。

すると、一発!瞬時に判定窓に妊娠を表す1本の線が現れたのです。

感動というよりも「やっぱりね」という感覚だったそう。

一度目の妊娠検査薬でもし陽性反応があったら、感激の度合いが高かったかも?ともおっしゃっていましたよ。

このように勘が働いていることや、妊娠を望む大きな気持ちが、妊娠検査薬をしたことで陰性反応だった場合に何度も複数回、挑戦することがあります。

実は、複数回挑戦している間に生理が来てがっかりした経験のある先輩ママもいますが、諦めなかったのか、一度目の妊娠検査薬を使った時期が早過ぎたのか、二度目、三度目の結果が好転した!ということもあるのです。

諦めない気持ちが複数回の妊娠検査薬への挑戦に繋がっていると言えますね。

陽性反応は出たけれど、余った妊娠検査薬で



妊娠を家族計画を立てた上で目指す女性はたくさんいます。

子供は一人で!と計画をしている人や次の妊娠を最後で、と思っている人もいます。

そのような女性が妊娠を妊娠検査薬を使ったことで知った場合、手元に残っている妊娠検査薬の処分に困ってしまうことがあります。

海外製などの価格の安いものであっても、多く残っていればもったいない、と思いますし1本1000円前後のものが残ればそれこそもったいないと思います。

何となく、二本入りや複数本手元にある方がいいような気もしますし、そのように紹介されている記事もあります。

手元に数本の妊娠検査薬が残った状態で陽性反応が出たら、もったいない、次はないのだから、と思って全て使い切る先輩ママもいます。

陽性反応が嬉しくて、何度も確認を!



妊娠検査薬を複数回使用した先輩ママの中で最も多いのではないでしょうか、陽性反応が出たことが嬉しくて、間違いではないことを確認するために、複数の使用をするママ。

大丈夫だと分かっていても、何かの間違いだったら?と「ぬか喜びをしてもし違ったら悲しい…」と思って、何度も陽性反応が出ていることを確認します。

人生の中ではとっておきのイベントとも言えることですし、大きく人生が変わっていくことにもなります。

何度も妊娠検査薬を使用して陽性反応になる様を見たいという女性もいるかもしれませんね。

こんなにも感動をし、神秘的な思いをすることは人生においてありません。

だからこそ、自分の体に起こったことについて、向き合うためにも、実感をするためにも何度も妊娠検査薬を使用してしまう先輩ママがいますよ。

妊娠検査薬を使う時期によっては、薄い陽性反応による線だったものが色濃くなっていくこともあります。

また、尿をかけてからしばらく時間がかかって出ていた線が、二度目、三度目となるに従い、どんどん早くなることもあります。

妊娠検査薬を使うことで起こる出来事にも変化があることが多々ありますので、飽きずに何度も複数回の使用をしてしまう、という背景なのです。

何度も経験することではなく、特別なことだからこそ「赤ちゃんがお腹にやって来たくれた」ことを実感するためにも複数回使用して、陽性反応を確かめるのも悪いことではないのかもしれません。

おすすめ妊娠検査薬



それでは、おすすめの妊娠検査薬をご紹介します。

薬局だけでなく、インターネットを通してでも購入出来るようになったことで、数多くの妊娠検査薬を目にすることになります。

私たちが王道として知っているものから、海外で使用されているものまで知らないものもたくさんあります。

この会社知らない、こんな妊娠検査薬の名前は聞いたことがない、と避けてしまっていては、その妊娠検査薬の良さに気付くことができません。

最近では、どれも高性能で何を使っても問題はありませんが、それでも妊娠検査薬それぞれに特徴もありますので、ここではそれらも合わせていくつかお伝えしていきますよ。

どれにしようか迷うなぁという方、ぜひ参考にしてくださいね。

安くてたくさん、コスパが良いと評判の海外製



妊娠検査薬がたくさん入っている、ということ自体、日本製の妊娠検査薬を知っている人には驚きかもしれません、海外製の妊娠検査薬をご紹介します。

しかも、1本あたりの価格が安いので、何度も買い足したり注文をすることもありません。

妊活仲間とシェアすることも出来ますし、いつ妊娠をするかも分からないわけですから、多く手元にあって困るものではありませんよね。

それでは海外製の妊娠検査薬を見ていきましょう。

 

 

 

続きはこちら^^↓↓

www.childtrendsdatabank.org

 

 

当ブログ妊活情報部門はオムニバス形式で、妊活中の女性や、リアルタイムでつわりを体験している妊婦さん、出産を経た先輩ママたちが、執筆しています。実体験に基づく貴重なエピソードや、妊活の成功体験から、授かりの秘訣やノウハウを提供致します。
また、アンケート等の回答結果はすべて個人の感想です。経験者一人ひとりの体験に基づく、十人十色の内容が投稿されています。予めご了承ください。

当ブログ外耳炎情報部門は、ステロイドで一時的に治ってると思い込んでいる人、再発してる人、の『役に立たない方の情報』ではなく、長期に亘って、慢性的な耳のかゆみが再発していない当事者本人の最新の人体実験結果を掲載しています。あたりさわりのない情報は書きません。一生かゆみの奴隷になるのが嫌な人、あの地獄の苦しみから自由になりたい人だけ読んでください。



copyright@あんしん認証合同会社  運営者情報