妊活バイブル

IQ58(療育手帳B2)の非定型児を持つ親が後悔と共に発信する、妊娠中の栄養状態に関する警告レポート

待ちきれない!妊娠検査薬は生理予定日7日前からフライングOK④

 

まずはメカニズムを理解しましょう



妊娠検査薬を使用する際には、尿をかけたら妊娠の有無が分かるんでしょ?と簡単に考えるよりも、妊娠のメカニズムや妊娠検査薬についてのメカニズムについて理解を深めてみましょう。

すると、先ほどの確率について知るきっかけにもなりますので、陰性反応だったことでがっかりしたり妊娠をしていない人と同じ行動を起こすことはありません。

陰性反応だからと言っても非妊娠と安易に捉えることもありませんよね。

そして、妊娠についてもっと身近に考えることができますから、いざ妊娠をした時には正しい行動で優良妊婦になることができますよ。

そして、妊娠検査薬のメカニズムについて知ることは、使用する時期やタイミングなどについても正しく理解することができます。

妊娠をしているから必ず陽性反応が出てくるわけではないこと、そして陽性反応が出ても安心だけをしていればいいというわけではないことを頭の片隅にでも置いておるのです。

生理予定日◯日?



妊娠検査薬をいざ使用してみよう!となったら、まず購入しに薬局などに出向きます。

そして、皆さん立ち止まります。

「えっ?どれにしたらいいの?種類がたくさんあるんですけど〜!」

妊娠検査薬の正しい使い方には正しい選び方も含まれていることに繋がっていることにそこで気付きます。

店員さんを呼んで尋ねたいけど、スマホで調べてみたいけど、その場にいることが何だか恥ずかしい!と思って購入することを躊躇してしまうことも。

 

最近は、目に見えるところに置いていないことも要因ですね。

販売されている妊娠検査薬はきっと高性能なものばかりですから、どれを手にとっても構いません。

しかし、あなたの生理予定日がいつなのか、いつその妊娠検査薬を使用するのかについてははっきりしておくことをオススメしますよ。

妊娠検査薬のパッケージには「生理予定日の1週間後から」「生理予定日から」「生理予定日の7日前から」なんて言葉が記されているはずです。

これは、妊娠検査薬を使用する際のタイミングにあたります。

通常の生理予定日以降に使用できる妊娠検査薬はHCG濃度が50mIU/mL以上で陽性反応が出るように基準を設けています。

そして早期妊娠検査薬はHCG濃度が25mIU/mL以上となっています。

あなたが今、生理予定日5日前で自宅に帰ってすぐにでも使用したいのでしたら、パッケージに「生理予定日◯日前可能」書かれている早期妊娠検査薬を購入しましょう。

通常の妊娠検査薬を購入してしまって使用しても、まだHCG濃度が濃くなっていませんので、どれだけ使用しても陽性反応を見ることはできませんよ。

あなたが妊娠検査薬を使いたいタイミングと生理予定日の関係をよく考えて購入しましょう。

みんな、どうやって尿をかけるの?



妊娠検査薬は棒状、スティック状となっています。

持ち手に近い部分に小窓があり、判定を示すための窓が二つあります。

内一つは、判定が終了したサインを表すためのもので、この小窓に縦線が入れば検査は終了です。

そしてもう一つの小窓が重要ですよね。

検査を行い、縦に線が入れば陽性反応すなわち妊娠している、なければ陰性反応ということで妊娠を確認できなかったということになります。

終了を指す小窓に線がくっきりと出ること、そして妊娠反応を見ることに注視しましょう。

そして、妊娠検査薬の先端部分に尿をかけます。

尿を直にかける女性もいらっしゃいますが、尿は限りなく出続けるものでもありませんし、充分な尿の量がなければ妊娠反応に影響してしまいます。

妊娠しているのに陰性反応が出てしまうことによって肩を落とさなければならないかもしれません。

手が汚れてしまうかもしれませんから、直接かけるよりも紙コップなどに尿を予めとって置いて、そこに妊娠検査薬をつけることをおすすめしますよ。

そして、水平な場所に妊娠検査薬を置いて、終了の窓に線が出るまで待ちましょう。

早い人では、尿をかけた瞬間に陽性反応を示す人もいます。

ドキドキしてしまいますが、落ち着いて一つ一つの行程を守って実践していきましょう。

 

️フライング検査って流行ってるの?生理予定日何日前からフライング検査が可能?



妊娠検査薬について調べていると「フライング検査」という記事などを見かけた人も少なくないですよね?

最近の妊娠検査薬は「フライング検査」が流行っているの?そりゃ、結果は知りたいけれどフライング検査って一体何?という疑問は解消する必要がありますよ。

妊娠の有無を確かめる一大行事ですから、何となく行っていては記念にも記憶にも残すことができません。

 

 

続きはこちら^^↓↓

www.childtrendsdatabank.org

 

当ブログはオムニバス形式で、妊活中の女性や、リアルタイムでつわりを体験している妊婦さん、出産を経た先輩ママたちが、執筆しています。実体験に基づく貴重なエピソードや、妊活の成功体験から、授かりの秘訣やノウハウを提供致します。
また、アンケート等の回答結果はすべて個人の感想です。経験者一人ひとりの体験に基づく、十人十色の内容が投稿されています。予めご了承ください。



copyright@あんしん認証合同会社  運営者情報