子宝統計データバンク@childtrendsdatabank

IQ58(療育手帳B2)の非定型児を持つ親が後悔と共に発信する、妊娠中の栄養状態に関する警告レポート

「最終月経っていつのこと?」出産予定日と計算が違う理由は?予定日を逆算して妊活する方法もご紹介します!

妊活をしている人や、婦人科に通っている人は「最終月経」という単語を見かける機会が多いのではないでしょうか?
よく婦人科で聞かれる最終月経は、排卵日や出産予定日(分娩予定日)、さらには逆算していつ頃に妊娠すれば何月生まれになるのかまで計算ができる大切な情報です。
今回はそんな最終月経とは何か、最終月経から計算する妊娠週数や計算が合わない場合に考えられる原因など、気になる情報をくわしくご紹介します!
そして希望の出産時期に合わせて受精日を計算する方法も解説しますので、最終月経についてお悩みの人はぜひチェックしてみてください。

 最終月経とは?

f:id:childtrendsdatabank:20170904122806j:plain

最終月経は英語の略語で「LMP」と表記される!

最終月経とは妊娠が成立する前に起きた最後の生理のことで、医学用語ではLMP(Last Menstrual Period)と呼ばれています。

たとえば、次のようなスケジュールの場合

1月1日~7日まで生理
1月28日~2月2日まで生理
2月末に妊娠が判明

最終月経は1月1日ではなく1月28日から2月2日までのこと。
最終月経後に排卵した卵子が受精卵となり、妊娠に至った状態です。

最終月経の開始日について

最終月経の開始日とは、生理が始まった日のことです。
つまり、1月1日から7日までが最終月経だった場合、1月1日が最終月経の開始日となります。
出産予定日が計算できるサイトで入力するときに、「最終予定日開始日」を入力する項目がありますよね。
最終月経の開始日から計算をすることで、排卵日や出産予定日が予測できるのです。


つい生理が来ても面倒で記録し忘れることもありますが、万が一その月で妊娠していた場合、最終月経がはっきりとわかるのとわからないのとでは、いつごろが排卵日だったのか、そして妊娠週数に対して赤ちゃんの大きさは正常なのか、判断がつきやすくなります。
自分が見てわかるようにしたい情報ですので、スケジュール帳にシールを貼ったり丸をつけたりするだけなど、ちょっとしたひと手間を加えて最終月経開始日を記録しておきましょう。

ちなみに私も突然の妊娠がわかったとき、婦人科系疾患で通院をしていた最中だったため、最終月経から正確に週数が計算できました。
産婦人科では必ず最終月経や生理周期を尋ねられるので、自分のためにも赤ちゃんのためにも生理がいつ起きたのか、忘れずに記録しておきたいですね。

妊娠週数について知ろう

最終月経といっしょに覚えておきたいのが妊娠週数です。
妊娠週数とは妊娠の経過をわかりやすくするため、カレンダーの週数とはまったく違う計算方法です。
妊娠が成立した月から数え始めて、7日間を1週間と区切って計算をします。
WHO(世界保健機関)では、次のように妊娠週数を定義しています。

・正常妊娠の持続日数は280日
・1週は7日で妊娠期間は40週
・1か月は28日で10か月間
・妊娠満週数で数える

このように生理周期を28日間と定め、28日間×10か月=280日後が出産予定日と計算しています。

最終月経は妊娠何週目?

最終月経は妊娠0週目(0w)に当たります。
妊娠週数は着床してから数え始めるイメージがありませんか?
実は最後に生理が起きた初日、つまり最終月経の開始日から数え始めるのが正しい計算方法です。
最終月経開始日が妊娠0日目になり、その後妊娠6日目までが妊娠0週目です。
たとえば最終月経の開始日を1月1日とすると、妊娠週数は次のような計算になります。

1月1日…妊娠0週0日
1月2日~7日…妊娠0週2日~7日
1月8日…妊娠1週0日

妊娠週数と日数はそれぞれ満で数えていくので、妊娠1日ではなく0日スタート。
そのため、0から6日が1週間となり7日目が存在しません。

排卵日は最終月経から何日後?

排卵日は最終月経開始日から数えて、だいたい14日目が目安です。
生理が28日周期とすると、妊娠0か月目は次のような体の変化が起きています。

・妊娠0週…生理期間
・妊娠1週…生理が終了
・妊娠2週目…排卵日
・妊娠3週目…着床
・妊娠4週目…生理予定日

実は妊娠0週目は生理中で、2週目の排卵日までは妊娠が成立していません。
そのあとの排卵後に妊娠が成立しなければ、妊娠4週目にあたる最終月経からカウントして28日後に生理が起きるのです。

排卵日も生理周期のように人によって違いがありますよね。
あくまでも排卵日の目安ですので、次のように自分の生理周期に合わせた計算が必要です。

最終月経からの出産予定日(分娩予定日)の計算方法

最終月経がはっきりとわかることで、自分でも簡単に出産予定日の計算ができます。
出産予定日(分娩予定日)は最終月経開始日からずばり40週0日目と定められています。
ただし、あくまで最終月経開始日から計算したもののため、開始日がはっきりとわからなかったり、生理周期がバラバラあったりする人は誤差も生まれてしまいます。
必ず出産予定日に赤ちゃんが生まれるわけではないので、何月生まれになるのかおおよその目安として覚えておきたいですね。

ネーゲレ概算法について

ネーゲレ概算法とは、最終月経があった月から3を引くと出産の予定月、最終月経が起きた日に7を足すと予定日が計算できる方法です。

例としては次のような計算方法になります。

・最終月経開始日…1月1日
・出産予定月…1月+9=10月
・出産予定日…1日+7=8日

つまり、1月1日が最終月経開始日の場合、出産予定日は10月8日となります。

出産予定日は胎児の大きさでも判断できるってホント?

最終月経による出産予定日とは別に、エコー検査でもおおよその出産予定日がわかります。
8週目から11週目までの赤ちゃんのCRL(頭殿長)はみんな同じのため、検査をすることで現在の週数を割り出せるのです。
CRLとは頭からお尻の下までの長さのことで、頭から胴体が分かれてくる妊娠8週目以降になることで初めて計測できる数値。
エコー検査では出産するまで、このCRLを基準に出産予定日や赤ちゃんの成長具合をチェックしています。

CRL
13㎜…8週
20㎜…9週
28㎜…10週

このように、産婦人科では最終月経とは別に赤ちゃんの大きさを目安に出産予定日を計算しており、エコー写真にも出産予定日が記入されています。

最終月経が妊娠週数と合わない・違うのはどうして?

f:id:childtrendsdatabank:20170904122949j:plain

真っ先に考えられるのが、排卵の遅れによって妊娠週数がずれ込んだ可能性です。
28日周期の人は最終月経開始日から14日を目安に排卵が起きるとされていますが、排卵日はストレスや環境の変化などさまざまな理由から、いつもより早まったり遅くなったりすることもあります。
妊娠週数が合わないと、どうしてなのかとても不安になりますよね。
特に現代女性は仕事に家事にと毎日忙しく生きています。
自分ではストレスを溜め込んでいないつもりでも、気づかないうちに精神的にも肉体的にも疲れが溜まっているのかもしれません。
たとえば、28日周期で排卵が14日前後の人も、実は排卵が起きたのが最終月経から20日目となれば、その分受精も遅くなります。
自分が最終月経から計算した週数よりも赤ちゃんの発育が遅い、との自体が起きることがあるのです。

最終月経と妊娠週数が合わないときの計算方法

妊娠週数はWHOでは28日周期で計算されているため、それよりも早い、もしくは遅い生理周期の人は妊娠週数の計算にもズレが生じます。
それでは、月経周期ごとの妊娠週数の計算の仕方をご紹介しますので、自分の周期に合わせて計算し直してみましょう。

 

f:id:childtrendsdatabank:20170904121800j:plain

画像元:http://www.babycome.ne.jp/category/ninshinshoki/ninshinshoki/

 

○月経周期が28日で一定している人の場合
最終月経開始日を「妊娠0週0日」として、そのまま妊娠週数を出します。

○月経周期が35日で一定している人の場合
月経周期が35日の人は、月経周期が28日の人に比べて、排卵日(赤ちゃんができた日)が7日遅れているという考え方をするため、妊娠週数も7日遅らせて計算します。

○月経周期が一定していない人の場合
月経周期が一定していない人の場合は、「低温期から高温期に移行する日」を排卵日とし、この日を「妊娠2週0日」として、妊娠週数を計算します。

引用元:http://www.babycome.ne.jp/category/ninshinshoki/ninshinshoki/


本格的に妊娠判定をもらいに産婦人科に足を運ぶときは、待ちに待った赤ちゃんに会えるとあって、不安とうれしい気持ちでドキドキワクワクする瞬間です。
そしてエコー検査後、現在の妊娠週数や日数を先生から教えてもらいますが、いざ自分が計算していた妊娠週数とずれていた…なんて事態が起きると、どうしてなのか不安になってしまいますよね。
正確に妊娠週数を知るには、自分の生理周期を把握しておくことが大切です。
あらかじめ自分が毎月何日周期で生理が起きているのかわかれば、上記のようによりはっきりと妊娠週数がわかり、出産予定日も計算しやすくなりますよ。

生理不順の人は最終月経から何日後の検査薬を使えばいいの?

生理不順ではっきりと月経周期がわからない人は、思い当たる性交日から3週間後に検査薬を使ってみましょう。
射精された精子はおよそ1週間から10日かけて、子宮に移動していきます。
その後4日から1週間ほどかけて卵子と着床に至り、妊娠によって増えるhCGホルモンの分泌量がどんどん増えていきます。

ここまでをまとめると

・性交日から10日間で移動
・1週間かけて着床

この時点で長ければ17日ほどの期間がかかっている計算です。
個人差はあるものの、だいたい性交日から3週間が過ぎていれば着床が起きたかどうかをある程度判断ができますよ。

ただし、精子の中には10日間も長生きするタイプも!
その場合はさらに着床がずれ込むこともあり、3週間後で陰性でもその後に妊娠していたという例も起こることがあります。
妊娠検査薬が陰性でも生理が始まらない場合は、着床の遅れや婦人科系の病気の可能性もあるため、一度病院で検査してもらいましょう。

最終月経から何日後に婦人科に検査に行くべき?

最終月経から検査薬を使い、陽性だった場合は妊娠5週~6週目のころに産婦人科で検査を受けましょう。
この時期よりも早いタイミングで受診をしても、エコーに赤ちゃんが育つ袋である胎嚢(たいのう)がはっきりと確認できない可能性があります。

そして、検査薬を使っても陰性なのに生理が来ない場合は、ホルモンバランスの乱れによる生理不順かもしれません。
できればそのまま放っておかず、最終月経から2~3か月後を目安に受診しましょう。

出産予定日を逆算すれば希望の月に出産できるってホント?

分娩予定日早見表や、受精日を逆算できるサイトを利用しましょう。

受精日逆算

受精日逆算|自動計算

今は共働き夫婦も多く、育休の都合から子供が1歳のときに保育園に入れるよう妊娠時期を調整するカップルも増えてきました。
特に子供を4月生まれや5月生まれにしたい!と計画的に妊活に励んでいる人も多いのではないでしょうか?

サイトを利用すれば、自分が出産したい予定日を入力することで、いつ頃受精すればいいのかおおよその計算ができます。
たとえば5月1日前後に産みたいのなら、受精日は8月8日が目安と表示されます。
しかし、実際はこの日に排卵するとも限らないですし、旦那さんとタイミングをとれるかどうかもわからないですよね。
あくまでも目安として、8月の排卵日に合わせてタイミングをとれるように普段から基礎体温表や生理周期を記録しておくことが大切です。

私の地域は田舎のため、ほとんど待機児童はいません。
それでも早生まれのわが子は保育園に入所して以来、何かと不利に感じる場面が多々あります。
4月生まれの子との発育の差はもちろん、体格差で同じクラスの子に泣かされることも多いようです。
実際に私が小学生のころも、早生まれで体が小さい同級生は体が大きいクラスメイトから軽いいじめを受けていました。
もちろん、早生まれだからクラスメイトにいじめられると言っているわけではありません。

ただ、将来的にお受験を検討しているママさんは、やはり早生まれよりも春から夏の時期を狙って出産したいと考えているのではないでしょうか?
また、二人目は2歳差、3歳差がいい!と年子にならないよう計算して二人目の妊活をしているママさんもいますよね。
育休狙いやお受験などを目指しているママさんは、ぜひ受精日の逆算サイトをチェックしてみてはいかがでしょうか・

最終月経から男の子と女の子の産み分けをする計算方法?

最終月経開始日と過去の生理日を入力することで、排卵日を割り出し男の子デーと女の子デーもわかる計算システムです。

www.goma-world.com

最終月経とその前の生理がわかれば、カレンダーにいつタイミングをとれば男の子の確率が上がるのか、女の子が授かれるのかがわかりやすく表示されます。
子供は授かりものとは言え、二人目は女の子が良い!男の子を産みたい!と、少なからずどちらの性別の赤ちゃんがほしいか希望を持っているママさんがほとんどだと思います。
あくまでも参考程度ですが、産み分けを考えている人は一つの目安にしてみてはいかがでしょうか。

母子手帳の交付は妊娠何週目から?

母子手帳の交付は妊娠8週目~12週目に交付になります。
悲しい事ですが、医学的に正式に妊娠が成立し、卵から胎児として認定されるのが妊娠8週目から。
それ以前の週数は染色体異常などにより、妊婦の病気や行動に関係なく一定の確率で流産が起きると考えられています。
そのため、母子手帳の交付は最終月経から8週間~12週目という妊娠初期が過ぎて、流産の確率が下がった時期に定められています。
交付期間が近づいたら産婦人科で妊娠証明書を発行してもらい、受け取りに行くのが基本的な流れです。

母子手帳の最終月経開始日の書き方について

母子手帳の記入欄の中には、
・最終月経開始日
・妊婦の初診日
・胎動を感じた日
・分娩予定日

これらを書き込むページが用意されています。
基本的にはこのページはママが書きますが、中には産婦人科の方で母子手帳に記入してくれるところもあるようです。
ちなみにこちらが私の母子手帳です。

f:id:childtrendsdatabank:20170904122505j:plain

 

婦人科で先生や看護師さんから記入はされませんでしたが、交付時に担当の人から最終月経開始日と分娩予定日を記入するよう指示されました。

必ずしも書かなければいけない場所ではありませんが、できるだけしっかり記入しておくことをおすすめします。
母子手帳は妊婦さんの健康状態を知る大切なものです。
妊婦さんは突然具合が悪くなったり、最悪交通事故にあったりする可能性もゼロではありませんよね。
そんなとき、自分の母子手帳に最終月経開始日や出産予定日を書き込んでおけば、医師も今妊娠何週目なのかわかるため、万が一のときの対処もスムーズに行ってもらえます。
赤ちゃんも自分自身を守るためにも、ぜひ母子手帳に情報を記入しておきましょう。

最終月経は婦人科で必ず聞かれる項目!忘れずにスケジュール帳で管理しましょう

最終月経がいつだったかとの情報は、婦人科の診察で必ず聞かれる情報です。
それがはっきりとわかれば、自分自身でもある程度妊娠週数を判断できるので、いつ産婦人科へ行けばいいかも予定が立てやすくなりますよ。

また、4月や5月生まれを目指して妊活したい人も、出産予定日から逆算すればいつ頃タイミングをとればいいのかわかるサイトもあるので、ぜひ活用してみてください。

 

筆者プロフィール

*************************

ペンネーム:いがらしもけけ

f:id:childtrendsdatabank:20170731141355p:plain

20代後半 山形県

1児の母

*************************

当ブログはオムニバス形式で、妊活中の女性や、リアルタイムでつわりを体験している妊婦さん、出産を経た先輩ママたちが、執筆しています。実体験に基づく貴重なエピソードや、妊活の成功体験から、授かりの秘訣やノウハウを提供致します。
また、アンケート等の回答結果はすべて個人の感想です。経験者一人ひとりの体験に基づく、十人十色の内容が投稿されています。予めご了承ください。





copyright@あんしん認証合同会社  運営者情報