効かない治らない

効いた人・治った人から教えてもらえるパーフェクト健康バイブル

心拍確認ができるのはいつから?

 

なかなか心拍確認ができないと不安になってしまいます。私も心拍確認がなかなかできなくて不安な日々を過ごしたことがある1人です。週数が進むにつれて不安も大きくなるし、もしも確認できなかったら?どうなるのかということも不安ですよね。

ここで心拍確認について知っておいて、いろんな不安を少しでも軽くしていきたいですね。

f:id:childtrendsdatabank:20171002004348j:image

◯心拍確認できない…遅くてもいつまでに確認できる?

 

1回目の受診で心拍が確認できなくても焦ることはありません。生理周期が28〜30日と整っている人の場合は妊娠週数のズレもほぼないかもしれませんが、もともと生理不順や周期がバラバラという場合は自分で把握している排卵日がズレていることもあるので、あまり心配しすぎなくて大丈夫ですよ。


早いと妊娠6週頃から心拍の確認はできますがこの通りに確認できなかったとしても大丈夫。一般的には妊娠7〜8週頃に心拍の確認ができることが多いです。


週数が進むにつれて気になるのが遅くて何週目頃までに心拍確認できるのか…?ということ。
遅い場合でも8〜9週目頃までには確認できるといわれています。


心拍確認ができるまでは気持ちが落ち着かないですがストレスを感じすぎず赤ちゃんを応援するような気持ちで待ってみるといいかも。

私自身も1回目の受診では自分の予測していた妊娠週数より2週間ほど早く、まだ心拍確認できずに「来週またきてね!」と言われて、2回目の受診で心拍確認もできました。

 

◯『心拍確認ができた!』または『できなかった。』

 

心拍確認ができるまでは不安な日々を過ごす場合も多いですがその後に心拍確認ができた場合とできなかった場合で周囲への報告の仕方も違ってきますよね。

 

・心拍確認ができた


心拍確認ができたとなれば、ひとまず安心!一般的には心拍確認ができたということが正常な妊娠であるということになります。心拍確認ができれば、ごく近い人にも報告がしやすいですよね。

 

・もしも心拍確認ができなかったら…どう報告すればいい?


心拍が確認できないということは「流産」という可能性もあります。

妊娠初期は流産をしやすい時期であり、この時期の流産の原因は染色体の異常や胎児に何かしらの問題があることが多いので母体側が原因であることは少ないです。胎児側の原因であることもあり流産を防ぐのは難しい時期でもあります。
流産をしてしまう確率は健康な女性でも20代で10〜20%、年齢が上がるにつれて40代で30%以上となっています。

 

心拍確認より前に妊娠報告をしていた場合に流産が確定してしまうと周囲に辛い報告をしなければいけなくなります。自分の両親や体調不良などで職場に妊娠を報告していた場合、「流産した」ということは非常に言いづらいですね。出来ることならば妊娠の報告は心拍確認後がいいと思いますが既に報告済みの場合もあると思います。

 

流産で胎嚢などがそのまま残っている場合、安全などを考え手術を勧められます。日帰りの手術ですがお仕事をしている場合はお休みをもらわなければいけないので、日帰りの手術を受けなければいけないことをメインで伝えると少しは報告もしやすいかもしれません。


私自身、2度流産を経験しています。ツワリなどの関係で自分の両親に妊娠を早めから報告していたため、流産してしまったことを伝えて泣きながらの悲しい報告をしました。その時の気持ちとしては「両親に申し訳ない気持ち」「なんで流産したんだろうという気持ち」がグルグル巡って…妊娠できたという喜びから一転…突然ドン底に突き落とされたような悲しみは今でも忘れることができません。

 

自分の両親への報告であれば、例え泣きながらであったとしても構わないと思います。泣かないと決めていたとしても赤ちゃんをなくした悲しみは自分の思った以上に心に引っかかっています。悲しみを分かってもらえるのであれば、ありのままに伝えて吐き出し、出来るだけ一人で溜め込まないようにすることが大事だと思います。


職場への報告はさすがに泣きながらとはいかないので淡々と伝えていくしかないかもしれません。流産という診断になったこと、それによって日帰りの手術を受けなければいけなくて、手術後も1週間くらいはお休みをいただきたいことを伝えて下さい。(流産の種類によっては手術が必要ない場合もあります。)


◯心拍確認が遅いと障害があったりするの?


心拍確認がなかなか出来ないことで「もしかして障害があるのでは?」と不安になってしまうこともあります。母親ならば誰でも健康で障害のない赤ちゃんを産んだあげたいと願いますよね。

「覚悟もないのに産むの?」という一方的な心ない発言もネット上にはありました。誰でも不安になるし、もう少し温かな発言だったら良かったのになぁ…と見かけてふと思ってしまいました(苦笑)

 

心拍確認が遅かった場合に結果的に赤ちゃんに障害があると分かった方もいます。それは結果であり絶対ではないですが、心拍確認はこれから先の成長のためにも欠かせないものであることに間違いはないです。心拍確認が遅いと疑われるのが胎児発育不全です。

 

胎児発育不全(FGR)とは?


胎児発育不全(FGR)という子宮内の赤ちゃんの発育が遅れること、発育が停止してしまうことをいいます。胎児発育不全によって妊娠週数の基準よりも体重が少なくなります。原因は不明な点が多いですがママ側に原因がある場合と胎児側の原因である場合もあります。

胎児発育不全を防ぐのに確実と言われる方法はありません。

胎児側の原因である場合は防ぎようがないです。ただし一般的に妊娠を望んでいる方や妊娠中に気を付けてと言われていることは守っておくことで予防に繫がることもあります。


・妊娠前から葉酸を摂取しておく
・お酒飲まない
・煙草を吸わない
・もちろん薬物もしない
・バランスがいい食事を摂る
というような、妊娠したいという方や妊娠中の方が気をつけることが大事です。(薬物などは稀であると思いますが…)

 

◯心拍確認ができなかったら手術するの?


残念ではありますが心拍確認ができず流産となってしまった場合に手術をすることがあります。

「稽留流産(けいりゅうりゅうざん)」になった場合は手術をすることが多いです。稽留流産は自分では気付きにくいです。腹痛などの症状がなく出産という状態にもならないので子宮内で死亡した胎児がとどまっている状態です。

自然に出血が起こり胎児が外に出れば進行流産となります。自然と出てくるのを待つこともありますがいつ、出血がいつ始まるかも分かりませんし、安全なども考慮し手術を勧める医師が多いと思います。


私自身も稽留流産は2度経験しています。どちらも医師から手術を勧められ、その通りにしました。流産となってしまった現実はとても辛くて受け入れたくない出来事です。
まさか自分が流産するとは思わず、成長していないし心拍の止まってしまった赤ちゃんを見て、ひどく落ち込みました。

なんとなくですが2度の流産の時、妊娠の経過が微妙な感じなこともあり「赤ちゃんはきっと元気!」と思う期待と「ダメなんじゃないか」という気持ちを持った状態で診察を受けたので淡い期待を打ち砕かれてしまいました。これから大きくなって臨月には会えると思っていただけに辛かったのを鮮明に覚えています。

 

手術は局部麻酔か全身麻酔をして行います。時間は約10分程度で終わりますし、特に術後に問題なければ日帰りできます。保険適用ですが費用は約2〜10万円と金額に差があります。退院後は最低でも1週間は安静にしておきましょう。

 

◯心拍確認にいくのに最適なのはいつ頃?


妊娠検査薬で陽性反応が出た後、気になってくるのがいつ頃、病院に行けばいいか?ということです。妊娠がわかってすぐに行くのもいいですが出来れば心拍確認もできる頃に行ければそれがいいですよね。心拍確認にいくのに最適な頃をそれぞれ書き出してみました。参考にしてもらえたらと思います♪

 

・排卵日からだと、いつくらい?


おおよそ排卵日から1ヶ月〜1ヶ月半くらいに確認できるそうです。

 

・体外授精の場合はいつ頃?


体外受精は移植日が確実にわかっているので、6週目には確認できることが多いそうです。

 

・平均してどのくらい?


おおよそ6〜8週目頃に心拍確認できますが週数の数え方が前回の生理開始日となっているので生理不順の方などの場合はなかなか目安にしづらかったりもします。個人差が大きいというのはありますが6週目辺りからは確認ができている方が多いようですね。

 

・病院に行くのにいいのは?


妊娠がわかったら早めに受診するというのが基本です。フライングなどで妊娠検査薬を早めに使った場合などは少し待ってから行ったほうがいいかもしれません。


生理が開始する予定日から1週間くらい生理が遅れている頃に妊娠検査薬で陽性だった場合、おおよそ妊娠5週目くらいです。5週目頃には胎嚢を確認できますが心拍確認ができて妊娠確定となるので心拍確認ができるといわれている6週目頃に初診でいくのがオススメです。


心拍確認までしたいと思ったら生理開始予定日から2週間後くらいが心拍確認できる頃になりますね。

 

◯まとめ


心拍確認は妊娠確定となる大事な通り道です。心拍確認ができるまでは不安になったりもしますがあまり気を張りすぎずに心拍確認に最適な6週目頃に病院を受診するのがオススメですね。


心拍確認がなかなかできずにいると不安です。残念なことになかなか確認ができずに流産となってしまうこともあります。確かに流産はとっても悲しいことですが私も流産を経験後に妊娠して無事に子ども達2人を出産しています。


少しでも心拍確認までの期間が不安になりすぎず出来るだけ穏やかに過ごすのにこの記事がお役にたてばいいなぁと思っています。最後まで読んでいただき、ありがとうございましたm(_ _)m

 

**************************
著者:せつな

f:id:childtrendsdatabank:20171002005346j:image

20代後半女性 福岡県
目指せママライター♡

2歳と1歳のチビさん達、お腹には3人目のベビーを妊娠中。

ツワリようやく卒業!でも合わないもの食べるとムカムカするのは相変わらず(;_;)

*************************

当ブログ妊活情報部門はオムニバス形式で、妊活中の女性や、リアルタイムでつわりを体験している妊婦さん、出産を経た先輩ママたちが、執筆しています。実体験に基づく貴重なエピソードや、妊活の成功体験から、授かりの秘訣やノウハウを提供致します。
また、アンケート等の回答結果はすべて個人の感想です。経験者一人ひとりの体験に基づく、十人十色の内容が投稿されています。予めご了承ください。

当ブログ外耳炎情報部門は、ステロイドで一時的に治ってると思い込んでいる人、再発してる人、の『役に立たない方の情報』ではなく、長期に亘って、慢性的な耳のかゆみが再発していない当事者本人の最新の人体実験結果を掲載しています。あたりさわりのない情報は書きません。一生かゆみの奴隷になるのが嫌な人、あの地獄の苦しみから自由になりたい人だけ読んでください。



copyright@あんしん認証合同会社  運営者情報