効かない治らない

効いた人・治った人から教えてもらえるパーフェクト健康バイブル

「妊娠うつ」は誰でもあり得ます!妊娠うつの原因や症状、予防法、対策のまとめ

「妊娠うつ」という言葉を聞いたことがありますか?出産後にママがうつ状態になってしまう「産後うつ」や「マタニティ・ブルー」は比較的よく知られていますが、実は妊娠中にうつになってしまう女性も多いんです。

妊娠中は特に、女性がうつになりやすい条件が揃っています。「私は大丈夫!」と決めつけないで、妊娠うつの原因や予防法について事前に知っておくようにしましょう。そうすれば、自分や友達が「もしかして・・・?」という時に助けになりますよ。

妊娠うつとは?

「妊娠うつ」とは、その名の通り妊娠中に妊婦が経験するうつ状態のことを指します。産後うつ病に対して、「産前うつ」と呼ばれることもあります。

妊娠うつの原因 

女性の体は毎月確実に変化を経験しています。生理周期に伴って、ホルモンバランスが変化するからです。それで女性は男性と比べると、うつを経験する人の割合が2倍にもなると言われています。

 

 

妊娠や出産後は、体の変化だけでなく、環境の変化もかなり激しいと言えますね。「無事産むことができるだろうか?」、「産まれてきても、子育てがきちんとできるだろうか?」などは、誰でも心配になる点です。

 

また「みんなみたいに上手にやらなければ」と自分で自分にプレッシャーをかけてしまったり、周りの人からのプレッシャーを感じることも多々あります。特に妊娠から出産にかけての期間は、女性がうつになりやすい時と言えるでしょう。

妊娠うつの症状

妊娠うつにはどんな症状があるのでしょうか?以下に代表的なものをいくつか挙げてみました。

・眠れなくなる。

・食欲がなくなる。

・焦燥感や不安感が常にある。

・いつもイライラして、家族など身近な人に当たってしまう。

・疲れやすく、何に対しても無気力になり興味を失ってしまう。

・些細なことでくよくよ悩み、落ち込みやすくなる。

・涙もろくなる。

・自分はダメな人間だと思い、期待通りにならないことがあると自分を責めてしまう。

・死を考えてしまう。

 

 

もちろん、これらの症状がある=妊娠うつというわけではありません。むしろ、こういった症状のいくつかは妊娠中の多くの人が経験するものでしょう。ただ、「症状が長期に渡って続いている」とか「あまりにも辛い」ということなら、妊娠うつの可能性があります。  

 

診断方法と妊娠うつになってしまった時の対策

基本的には、専門医が妊婦本人の主観的な問診と身近な家族の客観的な問診で、妊娠うつかどうかを判断します。「どうもおかしい・・・?」と思ったら、まずは産婦人科の主治医に相談しましょう。それから、必要であれば精神科や心療内科の先生を紹介してくれるでしょう。 

妊娠うつを予防しよう

妊娠うつを予防するために、どんなことができるのでしょうか?まず大切なのは、辛い気持ちや不安な思いを一人で抱え込まないことです。パートナーや自分の家族、親しい友人など、親身になってくれる人に話を聞いてもらうようにしましょう。

旦那さんとの良いコミュニケーションは必要不可欠ですが、妊娠中という独特な時期を乗り越えるために、同性の相談相手がいるならより心強いですよね。できるだけ自分の母親や女兄弟、親友などとお喋りする時間を取ることができるようにしましょう。

相手が出産経験者ならもちろんですが、たとえ妊娠の経験がなかったとしても、きっとあなたの良い話し相手、アドバイザーとなって助けてくれますよ。

「不安」は妊娠うつの直接の原因になり得ます

特に初めての出産が控えている場合、不安があるのは当然でしょう。誰でも「無事産まれてくれるだろうか?」、「出産の痛みに耐えられるか?」、「自分はちゃんと母親としての務めを果たすことができるだろうか?」などの不安が大なり小なりあるはずです。

また人によっては、出産後の生活の変化を心配するかもしれません。「仕事復帰できるだろうか?」、「経済的にやっていけるか?」といった不安です。こうした不安感は、妊娠時のうつ状態を煽ってしまう燃料となってしまいかねません。

信頼できる人に不安を隠さず話して、安心させてもらうようにしましょう。一つ不安が和らぐごとに、妊娠うつの火も少しずつ弱まっていくに違いありません。

妊婦さんに対する現実的な見方を

 

「妊娠って素晴らしい」「愛する人の赤ちゃんが産めるなんて、これ以上幸せなことはない」といった妊娠に対する輝くばかりのイメージが、実際に妊娠してから大きな不安感を生み出してしまうというケースもあります。

予想以上につわりがひどかったり、体調が優れなかったりして、「妊娠自体は素晴らしいことなのに、こんなに辛いだなんて、私はすでに母親失格なのでは?」とか「こんなはずはない。みんなは妊娠して幸せなのに、私だけ幸せにはなれない。」と落ち込んでしまうのです。

また、情報収集して妊娠や出産に関する知識を取り入れるのは良いことですが、何でもやり過ぎは禁物です。ネット上にある情報は、ポジティブな内容ばかりではありません。消極的な事例や出産の大変さについての恐れを煽ってしまうようなものも存在します。

もちろん、妊娠・出産の良い面しか見ないで、その大変さやリスクについては見ない振りをするようにということではありません。しかし、あまりにネガティブな情報にばかり触れてしまうと、「怖い」「きっと上手くいかない」という思いが強くなり、心身に余計な負担をかけることになってしまうので、気を付けましょう。

体調不良と妊娠うつ

「几帳面」で「完璧主義」の人は、妊娠うつを発症しやすいと言われています。家事や仕事をいつも通りにこなせなくなり、焦ってしまうのです。でも実際には、妊娠中は体内で急激な変化が起きているので、何でも今まで通りにはできないのは当然なんです。

「今は妊娠中だから仕方ないよね!」と割り切ってゆっくり休んだり、できるだけストレスなく楽しく過ごせるような工夫をしてみましょう。

リフレッシュ方法は人によって様々ですが、お買い物やカラオケ、好きなお菓子を「頑張ったご褒美」にするのは良い方法です。他にも、感動的な本や映画で思い切り涙を流したり、気持ちが落ち着く音楽を聴いたり、アロマをたいたりするのも良いかもしれませんね。  

不眠は妊娠うつの兆候かも?

出産や子育てなどのプレッシャー から、不眠になってしまう場合があります。不眠は妊娠うつの代表的な症状の一つでもあるので、注意が必要です。

妊娠中の不眠を改善するためにできることは、いくつかあります。まずはよく言われることですが、就寝前のスマホは控えましょう。これはスマホが発するブルーライトが睡眠に影響するからなので、もちろんタブレットやパソコンも同じです。

また、できるだけ空腹なまま床につくのを避けましょう。夜小腹が空いてしまったなら、ホットミルクなどで軽くお腹を満たすと眠りにつきやすくなりますよ。

このように、少し工夫してできるだけ不眠を避けるなら、妊娠中でも体調を整えやすくなりますし、妊娠うつ予防にもなりますよ。

体重管理でうつに?

妊娠中期になってから「妊娠うつ」を発症する人は比較的少ないと言われていますが、やはり発症してしまう可能性はあります。

妊娠初期にはつわりのために食が進まない人が多いですが、中期に入るとつわりが終わって、今度は逆に食べ過ぎてしまう傾向があるようです。でも妊娠中あまりに太ってしまうと、腰痛になってしまったり、お腹の赤ちゃんに影響してしまう場合さえあります。

それで、「太ってはいけないのについ食べ過ぎてしまう」→「私はダメな母親だ」と気持ちが落ち込んでいってしまう場合があります。体重管理の難しさやそれができない自分へのいらだちから、妊娠うつになってしまうのです。

確かに体重管理は大切ですが、あまりストイックにならないで、少しずつ調整していけるようにしましょう。

二人目の妊娠でうつになる人も

妊娠うつになってしまうのは、初めてママになる人だけとは限りません。例えば二人目妊娠中、体調の変化や症状などが一回目と全く異なる場合があります。そうすると、前回の経験と比較してしまい、「一人目の時はこんな風にはならなかった。何か問題があるのでは?」と不安が増殖してしまったりするものです。

三人目の妊娠でも可能性あり 

 

妊娠・出産を2回も経験していれば、周りから見れば「大丈夫ですよね?」となりがちです。でも一人目、二人目の時は何とかやってこれたのに、三人目の妊娠で気持ちがずーんと沈んでしまい、どうしても自力で這い上がってくることができない・・・というケースもあるんです。

まず、三人の子どもを一緒に育てた経験はまだありません。これが初めてなんです。また上の二人もまだ小さいとしたら、「ちゃんと子育てできるだろうか?」という不安は誰にでもあるものです。

他にも、二人目の出産後に産後うつを経験し、そこから抜け切らないうちに三人目を妊娠したという人もいます。その場合、たとえこれまで服薬していたとしても、三人目の妊娠がわかると同時に薬を中断せざるを得ず、感情をコントロールするのが難しくなってしまうということもあり得ます。

高齢出産や経済的な理由など家庭の事情から、三人目は中絶することにしたという夫婦がいます。自分は産みたいと思っているのに、周囲の誰かから中絶の圧力がかかっていたり、中絶しないことに決めたものの、「本当にこれで良かったのだろうか?自分は耐えられるのだろうか?」といった不安や迷いが大きなストレスとなり、三人目の妊娠で妊娠うつを経験する人もいます

中絶経験が関係することも

過去に中絶を経験している場合、そのことを後悔して自分を責めてしまったり、「今回も無事に産むことはできないのではないか?」という不安を募らせてしまう人がいます。 こういった不安は波のように押し寄せてくる可能性があり、なかなか消せるものではないかもしれません。

できるだけリラックスできるような音楽をかけたり、仕事や趣味など集中できることがあると、色々消極的なことを考えてしまわない助けになるでしょう。また家事をしている間も、音楽やラジオを聴くなどすると良いかもしれませんね。

妊娠うつって克服できるの?

 

「妊娠うつを克服できた!」という人は大勢います。最初にご紹介したように、妊娠うつは妊娠に伴うホルモンバランスの変化や、環境や立場の変化から来るストレス、プレッシャーが大きな原因の一つになってきます。

もちろん専門医による治療もそうですが、体調を整えるにも、ストレスを軽減するにも、十分な休息と心の平安は欠かせません。できるだけ心穏やかに過ごすことができるように、今一度生活スタイルを見直してみましょう。 

妊娠うつは他の人にうつることはあるの?

うつ病は、風邪のように近くにいる人にうつることはありません。ただ、はっきりしたことはわからないものの、うつになりやすい要素が遺伝する傾向はあるようです。またうつ病には、家庭環境も大きく関係していると言われています。

それで、うつが家族やお腹の赤ちゃんにうつる心配はないものの、やはりできるだけ克服して出産、子育てに臨むことができるように最善を尽くしましょう。

既往歴がある場合誰かに伝えた方がいい? 

 

過去にうつ病になったことがある人、中でも産後うつ病の既往歴のある人は、それがない人よりも妊娠・産後うつ病になるリスクが高いと言われています。それで、産婦人科の主治医に既往歴をあらかじめ伝えておくようにしましょう。

事前にアドバイスをもらうことができますし、家族も病院側も妊娠うつに対するサポート体制を整えやすくなりますよ。

退職した後の生活になかなか馴染めない場合が

職場の環境や家庭の状況、自身の健康状態(切迫流産等)などから退職せざるを得なかったという人も少なくないようです。中には、「妊娠発覚して退職したものの、あとから猛烈に後悔しています。」 という人もいます。

仕事が大好きだったという人や、学校を卒業してからずっと働いてきて、専業主婦なんて考えたこともなかったという人の場合、毎日家で家事をして、帰ってくる夫を迎えるという生活パターンになかなか慣れないということもあるでしょう。

また「夫だけに働かせて申し訳ない」、「夫と対等になれない」という思いから、今までちょっとした気晴らしに役立っていた雑誌やお菓子などを買わないで我慢してしまう場合があります。

たまに友人と一緒に外食するにも罪悪感を感じてできなかったり、人によっては、美容院に行くお金さえ使うのを申し訳なく感じ、行けなくなってしまいます。

そうすると、ストレスが溜まってしまいがちになりますし、夫に気を使い過ぎて、せっかく退職して家で休むことができる状況にしたのに、逆に疲れてしまいますね。

夫婦は一つのチームです。今の自分の担当は大切な赤ちゃんだということを忘れないようにしましょう。

後悔しかねない重大な決定は先延ばしにしよう

 

妊娠うつの特に恐ろしい所は、うつ状態ゆえに一生後悔しかねない決定を下してしまうことがあるということです。

例えば先に挙げたように、妊娠うつに「大きな不安感」は付き物です。人によっては「私には母親など務まらない」、「赤ちゃんは無事に産まれて来ないかもしれない」といった不安感から、早まって中絶を選択してしまうことがあります。

また、「夫も夫の家族も私のことを理解しようとはしてくれないし、助けにもなってくれない」と考え始めたり、逆に「夫は仕事で疲れている中私を支えようとしてくれている。こんなダメな私が彼と一緒にいる資格などない」と考えて、離婚を切り出してしまうこともあるようです。

このように、妊娠うつによって物事を的確に判断することができなくなったことにより、中絶や離婚など一生後悔しかねない重大な決定を下してしまうケースがあります。こういった問題を避けるために、今すぐ下さねばならない決定を除いて、他は出産後まで先延ばしにするようにしましょう。 

旦那さんに理解してもらうために

妊娠中は特に、旦那さんに対するイライラが募り、どうにも抑えられなくなってしまうことがあります。ただでさえホルモンバランスが乱れているのに、さらに「夫が理解してくれない」、「夫の無思慮な言葉に深く傷ついた」ということは、起こりがちなことですよね。

でも実は、これらのことは「良き理解者」とも言えるご主人との間にも起こり得ることなんです。男性は、女性と違って実際に妊娠することもなければ、産婦人科医と話をする機会も少なく、どうしても妊娠している女性の気持ちを理解することが難しくなります。それで、多くの男性は妻が望んでいることを察することができません。

いずれにしても、本当は一番の理解者となってほしい旦那さんとのトラブルは、大なり小なり精神的なダメージとなり、女性の妊娠うつを引き起こしてしまうかもしれません。では、どうすれば良いでしょうか?

できるだけ、旦那さんにも妊婦検診に一緒に来てもらい、妊娠・出産に関する知識を高めてもらうようにしましょう。妊婦さんは心身ともに変化が大きいこと、どうしてもイライラしてしまいがちだということがわかってもらえるかもしれません。

また、手伝ってほしいことがある場合は、「こんな簡単なこと言わなくても察してよ!」と思わず、きちんと伝えるようにしましょう。「~してくれると、私助かるな〜」と優しく伝え、協力してくれたことには感謝の言葉を忘れないようにしましょうね。

ポイントは、たとえ頼んだ家事を夫があまり上手くこなせなかったとしても、やってくれたこと、やろうと努力してくれたことに対して心から感謝することです。そうすると、旦那さんも徐々に「良き理解者」、「良き協力者」になってくれることでしょう。

 

禁煙でうつ状態に

タバコを吸わない人からしたら想像がつかないかもしれませんが、禁煙って本当に大変なことですよね。禁煙の主な離脱症状の中には、「気持ちの落ち込み」や「焦燥感」、「不安感」や「眠れない」、「食欲が出ない」など、うつ状態と似たようなものが数多くあります。それで、最近では「禁煙うつ」や「禁煙ブルー」といった言葉があるくらいなんですよ。

妊娠したら禁煙は当然!と考えている人が大多数かと思います。もちろんお腹の赤ちゃんのことを考えたら、禁煙すべきです。

でも実は、禁煙したくてもなかなかできなくて、タバコを吸ってしまう度に自分を責め、苦しんでいる妊婦さんも少なくないんです。「禁煙しなければいけないのにできない」という状態が、妊娠うつを引き起こしてしまう可能性もあります。 

それで、急に禁煙するのが困難な場合は、まずは少しずつ喫煙量を減らして、禁煙を目指す方法をおすすめします。たとえすぐにはタバコを止められないとしても、自分を責める必要はありません。あなたは、赤ちゃんのためにすでに一生懸命努力しているのですから。

母親になることの不安に対処する

 

完璧な母親など存在しません。お子さんに対する何かしらの期待や自分自身の理想の母親像などあるかもしれませんが、いずれもハードルを高くし過ぎることがないように気を付けましょう。

妻として妊娠うつを乗り切る 

実際に妊娠・出産を経験するのはあなたですが、決して一人で立ち向かう局面ではないということを忘れないようにして下さい。旦那さんを信頼して、この機会に頼れるところはしっかり頼ってしまいましょう。

あなたはすでに妊娠して一生懸命頑張っているのですから、旦那さんに頼るのを「申し訳ない」と思わないようにしましょうね。普段そうは見えなくても、男性は妻からもっと頼ってほしいと思っているかもしれませんよ。 

嫁の立場のストレスを極力減らそう

義両親の過干渉は、妊娠中のお嫁さんにとって大きなストレスとなりかねません。一人で我慢するのではなく、まずは旦那さんに相談し、一緒に対策を考えてもらいましょう。

必要であれば、今までほど頻繁に関わることができないことを親切な言い方で義両親に伝えましょう。妊娠期間中は、完全に旦那さん一人に義両親に対応してもらうという方法もあります。

引き続き、無理のない範囲できちんと義両親にも関心を払うようにしていけば、多少の変化は受け入れてもらえる可能性が高いです。

胎児のことを考えるなら、まず自分のことを考えよう

 

妊娠中はお腹の赤ちゃんのためにも、健康管理に気を付けて、いつも笑顔で過ごしたいと思うものです。妊娠中のママの体調や思考や言動が、胎児に大きな影響を及ぼすということは、今や周知の事実です。

でも、例えばつわりがひどくてほとんど食事が喉を通らなかったり、体調を大きく崩してしまったりすることはあり得ることです。そういった体の不調から、ネガティブな思考に陥ってしまうことだってあるでしょう。

そんな時に、「赤ちゃんのためにもちゃんと食べなきゃいけないのに、自分は食べることすらできないダメな母親だ」、「自分がこんなだと赤ちゃんが弱ってしまうかもしれない。もしかして無事に産まれて来ないかも・・・!」と、胎児への影響を心配するあまり、うつ状態になってしまう人もいます。 

そんな時は、できるだけゆっくり休むようにすると良いでしょう。「自分のためになることは赤ちゃんのためになる」ということを思いに留めておけば、「休んでばかりいる」と罪悪感を抱かずに済みますし、ポジティブな思考を保ちやすくなりますよ。 

妊娠中の服薬の赤ちゃんへの影響は?

ご存知の通り、 基本的に妊娠中の服薬はタブーです。では、妊娠中にうつ状態になってしまった場合、抗うつ剤は使用することができないのでしょうか?

一般に、専門の医師によって妊娠うつが確認された場合、まずは薬以外の方法で妊婦の体調を整える努力が払われます。ゆっくり休むことができるように環境を整えたり、カウンセリングを受けることによって、できるだけ心穏やかに過ごせるようにしたりして、うつの症状を抑えることができることが多々あります。

特に、妊娠初期(妊娠4週~12週頃)は胎児が体内の器官を形成する非常に大切な時期にあたるので、お腹の赤ちゃんへの影響を考えて、服薬は避けるべきでしょう。

ただ場合によっては、安定期(妊娠5ヶ月以降)に入ってから少量の抗うつ剤を服用するという提案がされることもあるようです。

いずれにしても、妊娠中の服薬に関しては、細心の注意を払い、担当医とよくコミュニケーションを取った上で決定するようにしましょう。 

まとめ

妊娠うつの原因や症状は人によって様々です。それでも妊娠うつに対処するためにできることの中には、今すぐにでも実践できそうなものがたくさんありましたね。

妊娠うつだと診断された方は特にそうですが、そうでない方も、妊娠中は何かと体調が安定せず、不安に思うことも多いでしょう。

可愛い赤ちゃんに出会うまでにあとほんのひと息です。できるだけ心穏やかに過ごせるよう工夫して、「その時」を楽しみに待つようにしていきましょうね。

 

******************

筆者プロフィール

はな

f:id:childtrendsdatabank:20170927073656j:plain

妊活ライターとして活動中

30代前半女性 埼玉県

******************

当ブログ妊活情報部門はオムニバス形式で、妊活中の女性や、リアルタイムでつわりを体験している妊婦さん、出産を経た先輩ママたちが、執筆しています。実体験に基づく貴重なエピソードや、妊活の成功体験から、授かりの秘訣やノウハウを提供致します。
また、アンケート等の回答結果はすべて個人の感想です。経験者一人ひとりの体験に基づく、十人十色の内容が投稿されています。予めご了承ください。

当ブログ外耳炎情報部門は、ステロイドで一時的に治ってると思い込んでいる人、再発してる人、の『役に立たない方の情報』ではなく、長期に亘って、慢性的な耳のかゆみが再発していない当事者本人の最新の人体実験結果を掲載しています。あたりさわりのない情報は書きません。一生かゆみの奴隷になるのが嫌な人、あの地獄の苦しみから自由になりたい人だけ読んでください。



copyright@あんしん認証合同会社  運営者情報